紫外線対策に役立つ食べ物について

5月になり、紫外線の量が増え、特に女性にとっては日焼けが気になる時期がきましたね。
紫外線は、ソバカスやシミの原因となるメラニン色素を増やすだけでなく、じわじわと真皮まで到達し、コラーゲンなどを破壊し、シワやたるみを発生させてしまいます!

そこで今日は紫外線の対策に役立つ食べ物を3つご紹介します。

① イチゴ

イチゴに含まれるポリフェノールには、メラニン色素の生成に関わる酵素「チロキシナーゼ」の働きを抑える働きがあります。
また、紫外線のストレスにより発生した活性酸素が細胞を酸化させると、血液中にコレステロールや中性脂肪などの過酸化脂質が増え、血液がドロドロになってしまう原因にもなります。
このポリフェノールには、過酸化脂質の生成を抑える働きもあるので、血液をサラサラに保つ効果も期待できます!

② リンゴ

リンゴの皮に多く含まれる「リンゴポリフェノール」には、プロシアニジン、カテキン、クロロゲン酸など様々なポリフェノールが含まれているため、高い抗酸化力を発揮し、活性酸素からお肌を守ります。
また、メラニン色素の過剰な生成を抑制する働きもあり、美白にも効果があります。
リンゴはよく洗って、皮ごと食べることをオススメします。

③ トマト

トマトに含まれるリコピンは、抗酸化作用だけでなく、紫外線によって発生するシミや肌荒れに効果があることがわかっています。
また、カゴメ株式会社の研究によると、リコピンは皮膚に蓄積され、その効果を発揮するそうですよ~!!

万全の対策でダメージを最小限に

これから特に紫外線が強い時期になります……。

紫外線予防のためには、こまめに日焼け止めを塗りなおすことはもちろん、紫外線対策に役立つ食べ物を摂ることを心がけ、ダメージを最小限に抑えましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】休職者、在宅勤務者をサポート「アンリケアサービス」~その魅力と導入の流れ~

  2. 【動画あり】コロナでどう変わった?24万人のストレスチェック結果を1年前と比較してみたら意外な結果が…!

  3. 【動画あり】2022年6月施行「改正公益通報者保護法」を専門家がわかりやすく解説!退職者や役員も保護対象になる⁉

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る