11月14日は世界糖尿病デーです

皆さん、糖尿病の有病者がどれくらいいるかご存知でしょうか。
厚生労働省公表の「平成28年国民健康・栄養調査報告」によると、「糖尿病が強く疑われる者」の割合は、男性 16.3%、女性 9.3%であり、この割合は50歳以降に増えているといわれています。
また、「糖尿病の可能性を否定できない者」も、男性で12.2%、女性で12.1%いるとされています。

世界的に、増加が見込まれている

世界的に見ると、2017年の20~79歳の糖尿病有病率は8.8%です。
これは11人に1人が糖尿病有病者と推定されていることとなります。
2017年には20~64歳の働き盛りの世代で、糖尿病患者が3億2,650万人に上り、2045年には4億3,820人に増えるとみられています。

最初は自覚症状が少ないが…

糖尿病は初期には、痛みなどの自覚症状が少ないです。
しかし、進行してしまうと脳卒中、失明、腎臓病、足病変といった合併症になるケースが見られ、仕事・プライベートに大きな影響を及ぼすようになります。

まずは検査を

定期健康診断の結果を活用し、糖尿病の疑いがあればまずは検査を受けましょう。
また、治療中の方については定期通院を忘れず、処方の内服管理をしっかり行いながら管理を良好にしていただけたらと思います。

<参考>
・ 「平成28年国民健康・栄養調査報告」(厚生労働省)
・ 『糖尿病の治療を放置した働き盛りの今』(厚生労働省)
・ 「糖尿病とは」(糖尿病ネットワーク)

こちらもご一読ください

・ 「尿の状態チェックしていますか」(産業保健新聞)
・ 「あなたの脂肪、隠れていませんか? 痩せて見える人も要注意!」(産業保健新聞)
・ 「若い年代も要注意! 脂質異常症」(産業保健新聞)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ドクタートラストニュース

投稿者プロフィール

毎月第4火曜日に、翌月の衛生委員会でお使いいただける季節性に富んだテーマと、労働安全衛生関連の情報をまとめたメールマガジンを配信しています。
【どなたでも無料でご登録いただけます】
「衛生委員会ハンドブック」では、衛生委員会の過去テーマ例など、各種お役立ちコンテンツを提供しています。

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る