無理なダイエットで脂肪肝に

脂肪肝と聞いたとき、どのような連想をしますか?
「お酒をたくさん飲む人の病気」「男性に多いイメージ」などが多いのではないでしょうか。
ところが、一見女性には馴染みの薄そうなこの脂肪肝、極端なダイエットによって、かえって肝臓に脂肪がたまってしまうことがあるのです。
脂肪肝とは、肝臓に必要以上の中性脂肪がたまった状態のことをいいます。
肝臓内の脂肪の割合は通常3~5%程度とされています。
30%を超えると、重度脂肪肝と診断されます。
自覚症状がほとんどないため、血液検査などで肝障害を指摘され、診断されることの多い病気なのです。
また腹部超音波検査を行うと、正常な肝臓に比べて白っぽく描出されるのが特徴です。

ダイエットで脂肪肝?

さて、ではなぜ極端なダイエットが脂肪肝につながるのでしょうか?
普通に、健康的に減量した場合には問題ありません。
ポイントは「極端な」というところ。
肝臓では脂質の代謝が行われますが、私たちが摂取した脂質は、肝臓で中性脂肪に合成された後再び血中に放出されます。
その際タンパク質と結合して放出されるわけですが、栄養不足でタンパク質が不足していると、中性脂肪を肝臓から運び出すことができず、そのまま肝臓に蓄積していくのです。

つまり、低栄養状態が続くと、いつの間にか肝臓には脂肪が溜まっているということに!

また極端に糖質を制限した場合にも、肝臓は体中から脂肪を集めて機能を維持しようとするため、必要以上に脂肪をため込んでいきます。
以上のことから、こうした脂肪肝を防ぐためには栄養が偏るようなダイエットは避け、急激な体重減少に陥らないよう気を付けることが大切だといえるでしょう。

脂肪肝=「アルコールの摂り過ぎ」「食べ過ぎ」と思われがちですが、実はこうした機序で起こる脂肪肝もあったのです。
痩せているから安心と思わず、ダイエット中の方は、まずは栄養が偏っていないか、いま一度自身の食生活を振り返っていただけたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る