メタボに繋がりやすい朝食の欠食

「朝活」という言葉も浸透してまもない昨今、朝の早い時間帯を有効活用する方もいれば、やはり、どうしてもバタバタと忙しい朝のスタートを迎える方も多いでしょう。

「ご飯を食べる時間があったら、少しでもギリギリまで寝ていたい」

働く皆さまのなかには、こういう考え方の方もいらっしゃると思います。

実はこんな研究結果が

第110回日本内科学会総会発表では、「朝食を食べたり食べなかったりする人は、毎日食べる人よりメタボリックシンドロームになるリスクが女性で4倍以上、男性では2倍近く高くなる」とする研究結果が発表されています。

また、朝食欠食だけではなく、これに随伴して「遅めの夕食摂取」があった場合についても、その可能性を指摘した研究結果があります。
それは、第48回日本成人病(生活習慣病)学会発表「夕食が遅く、かつ朝食を摂らないという食習慣は、メタボリックシンドロームや蛋白尿の独立した関連因子になる」です。

こちらの発表によると、以前から指摘されている、朝食欠食と生活習慣病の関連に、「遅い夕食」が加わることで、心血管疾患の危険因子への影響が変わるため、注意する必要があるということです。

朝食欠食率の現状

朝ご飯を食べない人は、実際どれくらいの割合でいるのでしょうか。
「平成24年国民健康・栄養調査結果」の概要を見ると、朝食の欠食率は、男性12.8%、女性9.0%となっているが、これは前年にくらべ男女とも減少傾向にあります。
また年代でみた場合は、男女とも、20代での欠食率がピークとなっている。

今は、ファストフードやカフェでのモーニングセットなども豊富で、自宅では食べれなくても、移動中や出社後に、朝ご飯を食べられる環境が整っているといえます。
しかし、錠剤などでの栄養補給や、栄養ドリンクのみの摂取は、この統計では「欠食」の範囲に含まれます。
ドリンク1本だけで済ませている方は、朝ご飯を摂っていることにはならないため注意してください。

朝ご飯を抜くと、メタボのリスクが高くなるのはなぜ

「食事と食事の間隔が開くと、太りやすい」という話は聞いたことはありますか。
食事の間隔があくと、体はエネルギーをできるだけ使わず蓄えようとし、脂肪の分解能力が落ちていく。
ということは、朝ご飯を抜いた場合、たとえ次の食事で量を食べ過ぎなくても太りやすい体質となるのです。
この、太りやすい食習慣を持ち続けていくことが、リスクを高めることにつながっていきます。

夜間の習慣も関係

また、夜更かし、慢性的な残業の継続といった、夜間の生活リズムも少なからず影響すると考えれます。

「深夜残業で夜食を摂り、そのために朝胃もたれが…」というもよくある話ですね。

前日の疲れがきちんと摂れ、朝は目覚めと共に美味しく朝食が食べられる。
そんな生活が、今の習慣の中で1日でも多く作れるよう、意識してみてください。

<参考>
「平成24年国民健康・栄養調査報告」(厚生労働省)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る