疲労回復には鶏胸肉

4月も第一週が過ぎ、そろそろ新しい環境での疲労も溜まってくる頃ですね。
疲労回復に良い食べ物……というと、何をイメージされますか?
「ニンニク」「果物」「焼き肉」「甘いもの」などが一般的でしょうか。

もちろん、ニンニクや豚肉に含まれるビタミンB群や、果物に含まれるビタミンCも疲労回復には効果があります。

しかし、最近ではスポーツ選手も意識して摂り入れるという「鶏胸肉」に高い疲労回復効果があることがわかってきています。

鶏胸肉のパワー

渡り鳥は、休みなく何千キロも飛行をすることができます。
その力の源になるのが、鶏胸肉に含まれる「イミダペプチド」という成分。
(鶏胸肉だけではなく、マグロの尾の筋肉にも含まれています!)

この「イミダペプチド」は、疲労を溜まりにくくするだけでなく、疲労回復の効果も高めてくれるため、抗疲労成分と呼ばれており、非常に注目を浴びている成分です。

疲労回復に十分なイミダペプチドの量は200mg。
鶏胸肉100gを食べることで摂取できるそうです。
これを2週間継続すると、効果が現れてくるとのこと。

1人暮らしや料理をされる方であれば、いろんな野菜と炒めたり、パスタなどに加えることで簡単に食べられる量です。
低脂肪・高タンパクなので、女性も安心して食べられます!

やわらかくする方法

固くて筋の多いイメージがある鶏胸肉ですが、やわらかく食べられる方法があるそうです。
(NHKためしてガッテン!より http://www9.nhk.or.jp/gatten/recipes/R20120613_01.html

鶏肉の皮にフォークで穴をあけ、ビニール袋に下記の水・塩・砂糖と一緒にいれ、揉みこみます。
・200gの鶏胸肉
・2gの塩
・2gの砂糖
・20ccのお水

そのあとで調理に使うと、とても柔らかく、美味しくいただけるそうです。

週末にまとめて下処理をして冷凍しておき、寝る前に冷蔵庫へ移しておけば、平日は簡単に調理をすることができます。

この春からお弁当を始める!という方も、自炊を始めるという方も、安くて栄養価の高い鶏胸肉を是非活用してくださいね!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る