平成24年の労働災害発生状況

労働災害発生状況

厚生労働省から、平成24年の労働災害発生状況の発表がありました。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/rousai-hassei/index.html

内容を見てみると、
死亡災害、死傷災害、重大災害のいずれも増加しており、
特に、死傷災害と重大災害は、3年連続の増加という結果となっています!

この結果に関して、厚生労働省のホームページにも、

”平成25年度は、今後5年間で労働災害減少に向けて重点的に取り組む
「第12次労働災害防止計画」の初年度であり、厚生労働省としては、建設業や第3次産業といった重点業種への対策、化学物質対策や腰痛対策といった健康確保・職業性疾病対策など、労働災害防止対策の強化を図ります。”

との記載があります。
また、全国安全週間(7月1日~7日)とその準備月間(6月1日~30日)では、
厚生労働省、都道府県労働局から事業場に対して、積極的な労働災害防止活動の実施を働きかけるとのこと。

労働基準監督署(労基署)からの監査も、
より一層力を入れて行われることが予想されます。

企業における産業医の未導入(未訪問)や、衛生委員会の未開催など
衛生管理体制に不備があることは、ますます許されない状況となってきています。
この機会に、今一度の確認・見直しを行うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「コロナかも」従業員が激増!会社はどう対応する?~コロナが疑われる従業員、休ませた場合の手当は会社が支払うべき?~

  2. 【動画あり】休職者、在宅勤務者をサポート「アンリケアサービス」~その魅力と導入の流れ~

  3. 【動画あり】休職者、在宅勤務者を手厚く支援する「アンリケアサービス」とは?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る