低GI食品とは

「低GI食品」というついた食品を目にする機会が増えましたね。
お店で食料品を購入する際、参考にされる方も多いのではないでしょうか。

GIとは

GIとは、Glycemic Index(グリセミック インデックス)の略で、食品が体内で糖に変わり、血糖値が上昇するスピードを食品ごとに数値化したものです。
ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100として、相対的に表しています。
このGI値に応じ、食品を以下3つのグループにわけることができます。

・高GI食品 GI値≧70
・中GI食品 69≧GI値≧56
・低GI食品 55≧GI値

高GI食品は血糖値が急激に上昇し、体内ではインスリンがたくさん必要になり大きな負担をかけます。
それに対し、低GI食品は血糖値が上がりにくく、糖質の吸収が穏やかで太りにくいといわれています。

GI値とカロリーの違いは?

GI値は炭水化物(デンプン、糖類)に関する指標であるため、カロリーとは関係なく決まっています。
ダイエットで気にする方であれば、「同じカロリーのものなら、GI値が低い方の食品を選ぶ」というふうに活用してください。
ただし、GI値が低い食品を選んだとしても、食べ過ぎてしまうとカロリーの過剰摂取に繋がるためご注意を。

GI値が高い食品って何?

「血糖値が上がりやすい食べ物=カロリーが高い食べ物」と考えている方も多いが、必ずしも正しいとは言い切れません。
一般的に、血糖値が上がりやすいもの(GI値が高い食品)とは、すぐエネルギーになるご飯やパン、麺類、砂糖などの炭水化物です。

GI値が低い食品って何?

先ほど、ご飯やパンはGI値が高めと話したが、精白されていないものはGI値が低いです。
そのため、ご飯の中でも玄米が、パンの中でも全粒粉パンは低GI食品となる。

その他、GI値が低い食品は、そば、パスタ(全粒粉)、山芋、里芋、アボカド、レタス、豆類(大豆、ピーナッツ、インゲン)、オレンジ、りんご、バナナ、苺、無糖ヨーグルト、チーズなど。
GI値が高めなのは白米や白パン、もち、砂糖といった「白いもの」で、低めなのは食物繊維を多く含む玄米や大麦、雑穀、全粒粉パン、パスタやそばなど「茶色っぽい糖質」と覚えておくといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る