ブラック企業とホワイト企業

ブラック企業とホワイト企業

「ブラック企業」「ホワイト企業」という言葉を聞くようになりました。
みなさんの働く職場はどちらでしょうか?
働くことは、多かれ少なかれストレスがたまるものですが、このストレスが過剰になり、体調を崩したり、うつ病などの精神疾患にかかってしまう人が急増しています。
厚生労働省の統計によれば、躁鬱病などを含む気分障害の最新の国内患者数(2011年10月調査)は95万8千人にもおよび、大きな社会問題です。
メンタル不調は、誰でもなり得ると言われているが、なりやすい「人」や「環境」には共通したいくつかの特徴があります。

うつ病などにかかりやすい人に共通する3つの特徴

① 完璧主義でどんな仕事もやり通さないと気が済まない人
責任感が強い分、それだけ負荷がかかります

② 仕事を人に任せられず一人で抱えてしまいがちな人
また、人材が定着しない(異動・採用・離職が多い)職場もこれに該当します

③ プレゼンやミーティングなど、人前で意見を述べるときに極度にあがってしまう人
どちらかというとコミュニケーションが得意でないタイプの人が、突如課長や部長などに昇進して人をまとめないといけなくなった場合、発症してしまうケースがあります

うつ病などにかかる確率が高くなる労働状況の3つの要素

・ 残業時間が長い
仕事を忘れて、「完全に自分の時間だ」と思える時間を過ごしていない人は、ストレスを上手に発散できないため、うつ状態になりやすいです。

・ 昼夜逆転生活など、労働時間が不規則
夜勤、シフト制、フレックス、休日出勤などは、体内時計のバランスが崩れやすく、うつ病などにかかる確率が格段に上がります。

・ 仕事のやりがいを感じられていない、適切に評価されていないと感じる
社内や上司から適切な評価を受けていないと感じる人は、モチベーションが上がらず、うつ病などにかかりやすいです。
「仕事のやりがい」=「職場内の評価」とも言えるでしょう。

もし、今仕事にストレスを感じているという方は、自分がどの要素でストレスを感じているのかをまず分析してみてください。
そして、それを軽減させる術はないか、自分が心身ともに健康に働ける術はないかを建設的に考えてみましょう。
大切なことは、一人で悩まないこと。
同僚・上司・家族・保健師・産業医などに相談することが重要です。

<参考>メディカルケア虎ノ門 厚生労働省「患者調査」データ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

高橋 さなえ株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

会社員時代に産業保健に興味を持ち、保健師になりました。
企業勤めの経験を活かし、はたらく人にとって身近なテーマを発信させていただきます!

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る