花粉症の人は増えている?

今日は花粉症についてのお話。
スギ花粉の飛散は、2月頃からはじまり4月下旬まで続く。
花粉症といえば、今や国民病といわれていますが、意外なことに花粉症は戦後に初めて報告された新しい病気。

日本では、1960年代からわずか40年間で花粉症
(特にスギ花粉症)が激増した。

花粉症の発症者が増えた理由

花粉の量が増えている
戦後、大量植林されたスギが伐採されずに残り、開花適齢期を迎えている。
さらに、地球温暖化の影響も受け、春のスギ花粉飛散量が増えている。

大気汚染や排気ガスによる影響
排気ガスなどで汚染された大気中の多くの微粒子が抗体を産生しやすくし、
花粉症の発症を促進すると言われている。
また、コンクリートなどの地面の増加に伴い
一度地上に落ちた花粉が再び舞い散ることも原因として考えられる。

食環境の変化・不規則な生活リズム
偏った食生活を続けていたり、不規則な生活リズムやストレスの多い生活なども、
アレルギーを起こしやすくしていると言われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る