BCP/BCMを策定しましょう

BCP、BCMをご存知でしょうか

(1) BCP:事業継続計画(Business Continuity Plan)

企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合に、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

(2) BCM:事業継続マネジメント(Business Continuity Management)

リスク発生によって生じる事業の中断に対し、必要なサービスレベルを戦略的に決定し、事業の継続を確保する経営管理手法のことです。

具体例

たとえば、大地震によって電力供給がストップしてしまったら……。
事業継続が困難になってしまうことは、容易に想像できるでしょう。
そうしたときのことを想定し、あらかじめ自家発電機を用意しておくなども、BCP対策のひとつです。
リスク(大規模災害など)に見舞われた場合、すべてに対して平時と同じ環境で対応するというのは、難しいことです。
「ここまでは後回しにしても、ここだけは守る」といった取捨選択が必要になってきます。

また、管理監督者が迅速に出社し、指示出しをして乗り切る、といったことができれば何よりですが、それができる保証はありません。
そのため、管理監督者が不在であっても対応できるような、ルール・マニュアルをあらかじめ策定しておきましょう。

BCP、BCMの策定を

今年は6月に大阪北部地震、次いで平成30年7月豪雨が発生しました。
いつどのような災害が発生しても不思議ではありません。
災害に直面しでも慌てふためくことがないように、BCP、BCMを策定しておくことを強くお勧めします。
BCP、BCMを策定するためには、情報収集・入念な準備が必要となります。
その第一歩として、衛生委員会などを通じ、リスク発生時には何を優先すべきか? といった議論をされてみてはいかがでしょうか。

リスクの例

疫病、地震、火災、洪水、サイバーテロ、サボタージュ(内外の脅威)、台風または大きな嵐、停電、テロリズム、窃盗(内外の脅威、重要な情報及び物品)、基幹システムの偶発的故障など

BCP、BCMの策定と合わせて、「防災対策」もお忘れなく!

ドクタートラスト運営「衛生委員会ハンドブック」では、衛生委員会資料「企業の防災対策」を公開していますので、ご活用ください。

<参考>
・ 「中小企業BCP策定運用指針」(中小企業庁)
・ 「策定していますか、BCP」(産業保健新聞)
・ 「オフィスの災害対策を2つの視点からみる」(産業保健新聞)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】オミクロン株を正しく知ろう!~重症化しないって本当?マスクは意味ない?~

  2. 【動画あり】コロナでどう変わった?24万人のストレスチェック結果を1年前と比較してみたら意外な結果が…!

  3. 【動画あり】改正育児・介護休業法の概要と背景を専門家が解説!

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る