専属産業医の年収

医師の給料

専属産業医を雇いたいという企業から良く相談をいただく。
その中で一番多いのが、「お医者様を雇った場合、どれくらいお給料を払えば良いのでしょうか?」という質問。
お医者様は高額報酬の部類の職業のため、通常のサラリーマンの給与水準では当てはまらない。
病院に勤務されているお医者様は勤務先は一つではなく、非常勤で複数の病院をかけもちしている場合も多く、一つの勤務先から年収を測ることはできない。

年収のレンジ

しかし、いくつもの勤務先の年収を合算した場合、その中で相場の年収として、週1日勤務を1年間続けた場合の年収は300~400万円のレンジになると言われている。
つまり、たとえば週4日勤務した場合の年収は1,200~1,600万円というレンジ。
そういった方が病院勤務から企業へ専属産業医として雇用された場合、年収は上記のレンジに収まる。
むしろステップアップを目指されるのは当然なので、前職以上を希望されるのがスタンダードだ。
特に脂の乗った働き盛りの年代のお医者様は人気があるので、できれば上記のレンジ以上の報酬を用意しないと他企業に流れる可能性がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

杉井 将紘株式会社ドクタートラスト 常務取締役

投稿者プロフィール

IT企業に長年従事。その際の労働環境が整備されておらず、訴えても変わらない状況から健康管理会社のドクタートラストへ転職を決意。
畑違いの業界に戸惑いつつも、ITの力を駆使して産業保健業界に一石を投じるべく日々奮闘。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

  1. 他人ごとだと思っていませんか?若年性認知症
ページ上部へ戻る