社内で結核の社員が出たら……

ニュースで結核の集団感染が報道されました。
皆様の企業の社内で結核が発生したらどのように対応されますでしょうか?
まず、結核についての簡単な知識を振り返りましょう。
結核は空気感染(飛沫核感染)する感染症です。
インフルエンザの飛沫感染と何が違うのでしょうか?

飛沫感染とは

インフルエンザのようなのウイルスは粒子が重いため、ある一定の距離を飛んだら地面に落ちてしまいます。
咳やくしゃみで排出されても空気中を漂い続けることはまれです(乾燥状態によります)。

空気感染(飛沫核感染)とは

結核のウイルスは粒子が軽く、咳などで排出された後地面に落ちず、空気中を浮遊し続けます。
感染していても周囲に菌を撒き散らしているとは限らず、感染していても症状が出ているとも限りません。
また、一人が結核と診断されたからと言って、周囲の人が必ず結核に感染しているというわけではありません。
なので、慌てずに落ち着いた対応が必要です。

社員が結核に罹患したら

では、社員が結核と診断されたら、企業にどのようなことが起こるのでしょうか?
結核は感染症法に指定されており、診察した医師がただちに報告する義務のある疾患です。
そのため、医師が患者を結核と診断すると、ただちに保健所へ報告が入ります。
もし、この患者が企業の社員だった場合、企業にも保健所から検査が入る可能性があります。
保健所の職員が調査をし、診断された社員との接触状況に応じて、採血やレントゲンの検査を実施します。
結核は現在では内服治療が可能な疾患です。
また、健康であれば、身体の免疫機能が働いて結核菌の増殖を防ぎます。

規則正しい生活習慣を心がけられる職場作りを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る