朝の〇〇〇で手軽に風邪予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

空気も冷たく乾燥してきている中、インフルエンザを含めた風邪の流行が心配な季節となりました。
風邪予防といえば「手洗い・うがい・加湿」などが思い浮かぶ方も多いと思いますが、実は、オーラルケアにも風邪予防の効果があることをご存知でしょうか?

朝起きた時の口が1日の中で最も汚い

皆さんは、朝起きてから、朝食をとる前にうがいをしていますか?
実は、朝起きて直ぐの口の中は、おおよそ1兆個近くの細菌が繁殖しています。
1兆個の細菌といいますと、あまり想像がつきにくいかと思いますが、ヒトの大便や肛門と同じくらいの量の細菌が付着していることになります。
朝食後に歯磨きをされる方が多いと思いますが、起床後すぐのうがい、または歯磨きは、風邪予防に大きな効果があるのです。

どうして朝が1番汚いの?

では、どうして起床後の口の中に細菌が多いのでしょうか。
唾液には、殺菌作用や、粘膜を保護してくれる作用があります。
しかし、夜に寝ている間は、何かを飲んだり食べたりすることもないため、口の中が刺激されにくく、唾液の分泌機能が低下してしまいがちです。
また、寝ている間は口呼吸をしやすいので、口の中がより乾燥してしまいます。(特に鼻炎がある人やアルコールを飲んだ日の夜は口呼吸をしやすいので要注意です)
そのため、睡眠中は唾液による殺菌力が最も低下してしまいます。すると細菌は大変繁殖しやすくなり、菌が体内に侵入しやすい環境が作られてしまうのです。

口を綺麗にして風邪予防

口の中で繁殖した菌は、口や喉などの粘膜を通って、感染し炎症反応を起こします。
朝、うがいせずに朝食を食べてしまうと、口の中の大量の菌を体内に取り込むことになります。
朝起きて直ぐのうがいは、夜の間に繁殖した細菌から身体を守る、大変重要な風邪予防とされているのです。

清潔に口の状態を保つ方法

また、食後に歯磨きをしてから4時間経過すると、口の中の細菌は繁殖し、歯磨きをする前とほぼ同じ量にまで繁殖しています。ですが、毎食前後と就寝前後1日8回歯磨きをすることは大変時間と手間がかかりますね。
そんな時には、ちょっとした工夫で口の中を綺麗に保ちましょう。

・カテキンが含まれている緑茶を飲む。
・レモン水など酸味のある飲み物を飲む。
・すっぱいものを食べる。
・液体のマウスウォッシュを活用する。

唾液の分泌を促すことや、殺菌作用のあるものを摂取することで、口の中の細菌の数を減らすことができ、菌が増殖しすぎることを防ぎます。
口の中の清潔を保って、冬場の風邪から身体を守りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 休業中の定期健康診断について

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る