職場に「お兄さん・お姉さん」

新年度が始まってもう1ヶ月が経とうとしています。
皆様の会社の新入社員さんたちは少しずつ会社に馴染めているころでしょうか。

今回は先日新聞で見つけた、面白い新入社員向けのサポート「職場のお兄さん・お姉さん制度」について書いてみたいと思います。


親しみやすい年の近い先輩を新入社員ひとりひとりに付け、
仕事面だけでなく、生活の悩み事など心の面までカバーすることで、メンタル面からの早期離職を防ぐための制度です。


基本的にどのようなことも行います!
何を質問すべきかわからないくらい、分からないことだらけなのが新入社員です。
そんな新入社員に常に気を配り、声掛けや業務指導、日常生活の悩み相談まで、まさに「お兄さん・お姉さん」のごとく支えて面倒を見てあげます。


先にも書きましたが、一番の目的は早期離職の防止です。
現在、大学新卒者の早期離職率は3年で3割と高い数値を出しています。
下の図にもあるように、新入社員は「頻繁にコミュニケーションを取ってくれる」ことを期待している傾向が強く出ています。
通常ですと、部下の指導役は全てチューター役(個人指導者)が見ているかと思いますが、年齢層の高い部署の場合、チューター役と新入社員の年齢差があり、コミュニケーション不足が問題になることがありました。

そこで事業所単位で若手を募り、「職場のお兄さん・お姉さん」が心の面をサポートする応援団として、いい環境で仕事に取り組めるようお手伝いをします。

最初にこの制度を知ったときは、「まるでごっこ遊びみたいだなぁ」と感じた職場の兄弟姉妹関係ですが、時代の変化と共に、取り巻く環境や人の感じ方など変わっていきます。
時代や要望に合わせて、企業も柔軟に対応したり、制度を取り入れていくことが、メンタル不調者や早期離職者を減らすために大切なのかもしれませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る