派遣社員の健康管理

責任転嫁されやすいしくみ

派遣社員の健康管理については派遣元・派遣先のいずれかで行うべきか、ご存知でしょうか?

「現場に行ってるんだから、管理は全て現場で行うべきだ」
「ウチの正社員ではないので何かあったら派遣元が責任取ってくれるのか」

こんな考え方だと、結局働いている人の安全・衛生はどこにも保証されなくなります。

対応方法

こういった事態を避けるためにも、厚労省からガイドラインが発表されています。

厚生労働省通達(平成21年3月31日)
http://www.mhlw.go.jp/topics/2009/04/dl/tp0401-1b.pdf

パンフレット「派遣労働者の労働条件・安全衛生の確保のために」
http://www.mhlw.go.jp/topics/2009/04/dl/tp0401-1a.pdf

各現場での安全面の確保は派遣先、健診や就業制限に関わる内容は派遣元となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

杉井 将紘株式会社ドクタートラスト 常務取締役

投稿者プロフィール

IT企業に長年従事。その際の労働環境が整備されておらず、訴えても変わらない状況から健康管理会社のドクタートラストへ転職を決意。
畑違いの業界に戸惑いつつも、ITの力を駆使して産業保健業界に一石を投じるべく日々奮闘。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る