休職中からのリワーク支援について どこでリワークを受けられるの?編

先週に続きまして、
どこでリワークを受けられるかについてご説明したいと思います!


リワーク支援を行っている施設は、大きく分けて3種類あります。


うつ病等で休職中の方で復職の意欲が有る方
※失業中の方、国・地方公共団体・特定独立行政法人にお勤めの方は対象外


行政の強み!なんと無料で利用することが出来ます!


・利用希望者が多く、利用まで数ヶ月待たされる場合が多い
・利用期間は3ヶ月と決まっており、短縮や延長は基本できない
・失業中の方は利用不可


東京障害者職場センター(東京)
地域障害者職業センター(全国/HPの施設所在地一覧をご参照下さい)


うつ病等で休職中の方で復職の意欲が有る方


・専門医が在中
・利用期間は2ヶ月~数ヶ月と融通が利く
・歴史、実績があります!


・お金が掛かる(※前年の所得により変動)
・主治医の変更(転院)が必要


りんかい築地クリニック(東京/中央区)
メディカルケア虎ノ門(東京都/港区)


うつ病等で休職中、失業中の方で復職の意欲が有る方


・企業視点でのプログラムに力を入れている
・失業中でも利用可能

・農作業など独自のプログラムがある


・お金が掛かる(※前年所得により変動)
・専門医が在中しない
・失業中の方は利用不可のところが多い


株式会社 リヴァ(東京)
NPO法人 うつ・気分障害協会(東京)

※上記は施設によって異なり、全ての民間系が当てはまるわけではありません。
詳細は個別でお問合わせ下さい。

 

どの施設もそれぞれにいい点がありますが、特に医療系は産業医の資格を持っている専門医も多く、企業の産業医や人事部と連携を取りながら復職をサポートするなど、他にはない強みと安心感があります!

しかし、気になるのはやはり金銭面…。
充実したサポートやプログラムを受けたくてもコストが多く掛かってしまうのは困りますよね。

そこで次回はうつ病などの精神疾患の治療にかかる費用の一部を国が負担してくれる制度、
自立支援医療(精神通院医療)」について詳しくご説明したいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る