過重労働とメンタルの関係性

メンタル相談になるきっかけ

よく産業医の先生から「過重労働の面談を行っていると、メンタルの相談に移行することがある」と伺います。
月100時間の超過勤務を行っている社員は産業医の面談が必須なのはご存知と思いますが、その面談の中でメンタルに関するアラートをあげられる社員が多く存在する模様です。

整備されている認定基準

1年ほど前に厚生労働省が通知した「心理的負荷による精神障害の認定基準」であ、以下の3点が認められる場合、業務上の疾病として認定されています。

1. 対象疾病を発病していること
2. 対象疾病の発病前約6か月の間に、業務による強い心理的負荷が認められること
3. 業務以外の心理的負荷及び個体側要因により対象疾病を発病したとは認められないこと

特に2にある「業務による強い心理的負荷」の要因として「極度の長時間労働」が挙げられており、発病直前の1か月に約160時間を超えるような、またはこれに満たない期間にこれと同程度(たとえば3週間に約120時間以上の)の時間外労働を行っていれば強い心理的負荷と認められます。
心理的負荷に対する耐性は人によって大きく変わるものの、上記のような過重労働を行っていると、業務上の疾病として認定され、労災裁判等に発展すると安全配慮を問われることになります。

<ご参考>
厚生労働省「心理的負荷による精神障害の認定基準について」(平成23年12月26日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

杉井 将紘株式会社ドクタートラスト 常務取締役

投稿者プロフィール

IT企業に長年従事。その際の労働環境が整備されておらず、訴えても変わらない状況から健康管理会社のドクタートラストへ転職を決意。
畑違いの業界に戸惑いつつも、ITの力を駆使して産業保健業界に一石を投じるべく日々奮闘。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る