10秒で簡単ドライアイ・チェック!

10秒間、まばたき我慢できますか?

この記事をご覧になっている方は、PCやスマートフォンを日常的に使っていると思います。
まずは10秒間、まばたきせずに目を開けてみてください。

……いかがでしたでしょうか?
10秒間目を開けていられなかった方は、「ドライアイ」の可能性があります。

ドライアイってなに?

ドライアイというと、単に「目が乾いた状態」と思う方が多いと思います。
ドライアイの定義は、以下です。

ドライアイとは、さまざまな要因による涙液および角結膜上皮の慢性疾患であり、眼不快感や視機能異常を伴う

つまり、ドライアイとは、単に目が乾いた状態ではなく、「慢性疾患」なのです。
ドライアイの原因は多岐にわたりますが、オフィスの乾いた空気や、長時間のパソコンやスマートフォンの使用によってまばたきが減ることも大きな要因の1つです。
オフィスでドライアイを抱える人の割合は、6割を超えると言われています。
ドライアイは、目の痛みや視力の低下を引き起こすだけでなく、仕事の生産性も下げることがわかっており、個人だけでなく企業としての対策も求められています。
※企業で衛生委員会などに活用できる資料も、無料でダウンロードすることができます。
ドライアイ研究会  http://www.dryeye.ne.jp/index.html
オフィスワーカーや産業医向け ドライアイに関する資料

コンタクトレンズ使用者は特に注意!「角膜上皮剥離」とは…

ドライアイを放置すると、どうなるのでしょうか。
まず、ドライアイを放置しながら目を酷使し続けると、視力の低下が起こります。
さらに、ドライアイになると、角膜と呼ばれる目の表面の膜が乾燥し、少しの刺激ではがれやすくなってしまいます。
これが角膜上皮剥離(かくまくじょうひはくり)と呼ばれる状態です。
特にコンタクトレンズを使用している場合は、レンズをつけたり外したりする際に、角膜がはがれ、目の表面を傷つけてしまう機会が増えるので、注意が必要です。
角膜の表面に傷がつくと、目の充血や痛みを感じ、1週間程度はコンタクトレンズの使用ができなくなります。
無理をして使い続けると、「再発性角膜上皮剥離(さいはつせい かくまくじょうひはくり)」と呼ばれる事態になり、こうなると痛みもひどく、治療も長期間に及びます。
コンタクトレンズの使用は当面できず、点眼薬や軟膏を使いながら、眼帯で目を休ませるような生活が必要になることもあります。
そうなると、仕事だけでなく、日常生活にも大きな支障をきたすことになってしまいます。

ドライアイの予防法

・セルフケア

ドライアイをまだ発症していない場合、もしくは症状がさほど強くない場合は、セルフケアで改善が見込めます。
長時間のパソコン作業をしていると、まばたきの数が普段の1/4程度になります。
30分に1回は画面から目を離し、意識的にまばたきをしたり、目薬を差すようにしましょう。
また、パソコンの画面を少し下の方にすることで、自然と伏し目がちになり、涙の蒸発を防ぐことができます。

・食事

ドライアイを防ぐために効果的な栄養素は、ビタミンA、ビタミンB、アントシアニン(色素)などがあります。
特にアントシアニンは、ブルーベリーに含まれることで知られており、眼の疲労軽減に役立ちます。
ビタミンAはにんじん、豚レバー、ほうれん草などに多く、ビタミンBは納豆、豚肉、枝豆などに多く含まれます。
日頃から目を酷使されている方は、積極的に上記の豚肉や枝豆、納豆などを食べるようにすると良いでしょう。

・眼科での相談

既に目の乾き、異物感、かすみ、痛みなどが出ている場合は、一度眼科で相談をしてみましょう。
症状が強く、目薬だけで改善しない場合は、涙腺プラグといって、涙の排出口をふさぎ、目に涙をためられるような治療法もあります。

目の病気が進むと、せっかくの休日にコンタクトレンズが使用できなくなったり、仕事中も必要以上に疲労感を感じたりと、日常生活がとても不便になります。
「あれ?おかしいな?」と感じたら、早めに対策を取りたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る