ストレスチェックに関して衛生委員会で審議・確認したいこと

ストレスチェック実施前に決めておくべきこと

会社内でストレスチェック(以下「SC」)を行うことが決定したら、まずは衛生委員会にて計画や体制などを審議し、完了までに必要な決まりごとを確認しましょう。
確認事項は以下の通りです。

【確認事項】
1.SC制度の目的に係る周知徹底方法
2.SC制度の実施体制
3.SC制度の実施方法
4.SC結果に基づく集団ごとの集計・分析の方法
5.SCの受検の有無の情報の取扱い
6.SC結果の記録の保存方法
7.SC、面接指導及び集団ごとの集計・分析の結果の利用目的及び利用方法
8.SC、面接指導及び集団ごとの集計・分析に関する情報の開示、訂正、追加及び削除の方法
9.SC、面接指導及び集団ごとの集計・分析に関する情報の取扱いに関する苦情の処理方法
10.労働者がSCを受けないことを選択できることの周知
11.労働者に対する不利益な取り扱いの防止

数が多いですが、上記で決めた内容が、労働者への方針表明や、次年度以降にも適用される社内規定に盛り込まれることになりますので、しっかり議論をして決めたいものです。

高ストレス者の選定基準は?

上記の決定・周知後に、毎月開催される衛生委員会の中などで産業医と相談し、「高ストレス者の選定基準」を決定しましょう。
これは数値基準に基づいて「高ストレス者」を選定する方法で、①合計点数を使う方法 と ②素点換算表を使う方法 があります。

いずれも厚生労働省のマニュアルの解説の中で詳細が発表されていますが、高ストレス者の選定数は【受検者の10%とすることが推奨】されています。

実施計画や体制づくりで迷った場合は・・・

SC制度が始まった初年度ということもあり、未だ不透明な部分が多々あります。こんな状況においては、厚生労働省の推奨する手法や基準を用いることが無難かもしれません。

衛生委員会の場で、詳細にいたるまで慎重に議論し、実効性のあるストレスチェックを実現していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

杉井 将紘株式会社ドクタートラスト 常務取締役

投稿者プロフィール

IT企業に長年従事。その際の労働環境が整備されておらず、訴えても変わらない状況から健康管理会社のドクタートラストへ転職を決意。
畑違いの業界に戸惑いつつも、ITの力を駆使して産業保健業界に一石を投じるべく日々奮闘。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】健康リスクが高い業種は?685の企業・団体のストレスチェックデータを徹底分析!専門家がわかりやすく解説します!

  2. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る