労働衛生コンサルタント

労働衛生コンサルタントとは

Q:労働安全コンサルタントは、何をする職業なんですか?
A:事業場の衛生について、診断し指導する職業で、労働安全衛生法に定めがあります。

労働安全衛生法
第八十一条 2 労働衛生コンサルタントは、労働衛生コンサルタントの名称を用いて、
他人の求めに応じ報酬を得て、労働者の衛生の水準の向上を図るため、事業場の衛生についての診断及び
これに基づく指導を行なうことを業とする。

Q:どうしたら労働衛生コンサルタントになれますか?
A:厚生労働大臣が実施する試験に合格し、厚生労働省に
備える労働衛生コンサルタント名簿に、氏名、事務所の所在地その他
厚生労働省令で定める事項の登録を行なえば労働衛生コンサルタント
となることができます。

労働安全衛生法
第八十三条 労働衛生コンサルタント試験は、厚生労働大臣が行なう。
第八十四条 労働安全コンサルタント試験又は労働衛生コンサルタント試験に合格した者は、厚生労働省に備える
労働安全コンサルタント名簿又は労働衛生コンサルタント名簿に、氏名、事務所の所在地その他厚生労働省令で定める事項の登録を受けて、労働安全コンサルタント又は労働衛生コンサルタントとなることができる。

実際の試験については、労働安全衛生法の定めに基づき、
財団法人安全衛生技術試験協会が実施しています。
受験資格等については、下記のHPをご参照ください。
http://www.exam.or.jp/exmn/H_shikakueisei.htm

常時50名を超える従業員がいる事業場においては、
産業医の選任義務を法律で定めていますが、
労働衛生コンサルタント試験(試験区分保健衛生)に合格した医師は、
産業医として選任することができます。

衛生についてより深い知識をもった産業医をお探しの場合には
労働衛生コンサルタント資格を有する医師を、産業医として選任されることも
ご検討されてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る