交通労働災害は冬が危ない!

交通労働災害は、労働者による死亡災害の約2割を占めています。
いわゆる青ナンバー(トラック・バス・タクシーなど)と呼ばれる
事業用自動車に限らず、さまざまな業種に携わる労働者に起きています。

交通労働災害の6割以上は運輸交通業以外で発生

交通労働災害の4割以上が顧客先の訪問中など第三次産業で、
約2割が労働者の送迎中など建設業で発生しており、
交通運輸業でない労働者にも起こりうる労働災害です。
業種

交通労働災害の多い月

交通労働災害による死亡事例は、12月に多く発生しています。
急な積雪や路面凍結による季節柄の要因が考えられます。
必要な防止措置としては、急ハンドル・急ブレーキなどの急動作を行わないことや、
スピードの出しすぎに注意しましょう。
死亡者数

交通労働災害を防ぐための取り組み

交通災害を防止するための事業者の取り組み

①適正な労働時間等管理・走行管理
・走行の開始、終了や経路についての計画を作成する。
・早朝時間帯の走行を可能な限り避け、十分な休憩時間、仮眠時間を確保する。
・異常気象や天災の場合、安全の確保のため走行中止、徐行運転や一時待機など、
必要な指示を行う。

②点呼、点検の実施
・疲労、飲酒などで安全な運転ができないおそれがないか、乗務開始前に点呼によって確認する。
・自動車の走行前に自動車を点検し、必要に応じて補修を行う。

③荷役作業の負荷の減少
・運転手の身体負荷を減少させるため、必要な用具などを備え付ける。

④交通労働災害防止の意識高揚
・交通事故発生状況などを記載した交通安全情報マップを作成する。
・他車両から認識されるため、早朝・夕方に早めのにライトを点灯する。

⑤安全衛生教育の実施
・十分な睡眠時間の必要性の理解。
・飲酒による運転への影響の理解。
・交通危険予知訓練による安全確保。
・交通安全情報マップによる実態把握。

 

交通労働災害は、ひとたび起これば重大な被害につながります。
災害を未然に防止するため、いま一度安全への取り組みを考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

檜森 哲株式会社ドクタートラスト

投稿者プロフィール

総務・経理業務の経験から、企業の労働環境を向上できるような記事やトピックをお伝えしていきます。また、昨今の働き方改革に伴う業務効率化についても積極的に情報を発信していきたいと思います。
【保有資格】第一種衛生管理者
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る