もしも産業医が見つからなかったら

産業医が見つからない場合

Q.○○県△△市に事業場があり、労働者数が50名を超えているのですが、産業医を見つける(選任する)ことができません。どうすれば良いでしょうか?

このようなお問合せをいただくことがあります。
労働安全衛生法では、選任義務が発生してから14日以内に産業医を選任し、所管の労働基準監督署に届出をしないといけないというルールがあるのはご存知と思います。
東京・大阪・名古屋などの大都市周辺では、産業医も多く比較的容易に産業医を選任することもできるかと思いますが、大都市から離れた地方では産業医を探すのも困難というのが実情のようです。
ご質問をされた企業様にアドバイスをさせていただきます。

1.ドクタートラストに問合せをする
まず、迷わず弊社にお問合せください。
全力でご協力いたします。

2.健康診断を実施している機関に問合せをする
地方の事業場でも健康診断を実施してます。
そちらの機関に産業医の資格を有した医師がいて、かつ他の事業場での産業医活動が可能な場合がありますので、相談してみてください。

3.親会社等の産業医に出張してもらう
親会社や協力会社に産業医がいる場合は、その方を産業医に訪問できるか相談してみてください。

上記のことが有効な手段かと思います。
このようにいろいろな手段を駆使しても産業医が見つからない場合は労働基準監督署に相談してください。
故意に産業医を設置していないと判断されるといろいろなペナルティを課せられる可能性があります。

【コメント】
弊社の強みは、全国に2,000名を超える産業医の登録数がございます。
また、47都道府県すべてで産業医登録がありますので、お力になれると思いますので、ぜひ弊社にお問合せをお願いします。

しかしながら、地方になると産業医を見つけられないという事態はどうしても発生してしまいます。
これを少しでも減らすために……、時間的余裕をもって問合せをするということが大切です。
労基署から指導を受けてから探しだすでは、余裕がなくて見つかるものも見つからなかったり、企業と合わない先生を選任してしまったり……。
早め早めの行動をおすすめします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】オミクロン株を正しく知ろう!~重症化しないって本当?マスクは意味ない?~

  2. 【動画あり】休職者、在宅勤務者をサポート「アンリケアサービス」~その魅力と導入の流れ~

  3. 【動画あり】健康リスクが高い業種は?685の企業・団体のストレスチェックデータを徹底分析!専門家がわかりやすく解説します!

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る