正社員とパートタイマーの違いって?

日本の労働者において、パートタイム労働者の占める割合は大きい。
パートタイム労働法における「パートタイム労働者」は、
「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」と定義されている。
パート、アルバイト、臨時社員、準社員等、呼び方は様々にあるが、前述の条件に当てはまる労働者は、パートタイム労働法における「パートタイム労働者」に該当する。

何が違う?

では、正社員とパートタイマーは何が違うのだろうか。

パートタイム労働法では、通常の労働者(いわゆる正社員)との働き方に応じて、パートタイム労働者の待遇における均等・均衡を図るための措置をするよう規定している。

実際には以下の2つの要件を通常の労働者と比較する。
・職務の内容(業務の内容及び責任の程度)
・人材活用の仕組みや運用など(人事異動等の有無及び範囲)
そして、賃金、教育訓練、福利厚生などの待遇について、事業主が講じなければならない内容が違ってくる。以下の表にまとめたので確認して頂きたい。
 
 
ブログ

:短時間労働者であることによる差別的取扱いの禁止(義務)
:実施義務・配慮義務
:職務の内容、成果、意欲、能力、経験等を勘案する努力義務
-:パートタイム労働指針に基づき、就業の実態、通常の労働者との均衡等を考慮するように努めるもの
 

たとえば、通常の労働者(正社員)と同視すべき短時間労働者に対しては、正社員と同様の慶弔休暇等を付与しなければならない。(短時間労働者であることの差別的取扱いの禁止)
しかし、通常の労働者(正社員)と職務の内容が同じ短時間労働者の場合、慶弔休暇等の付与はパートタイム労働指針に基づき、就業の実態、通常の労働者との均衡等を考慮するように努めるものになる。
  
 
 
昨今、ブラック企業、ブラックバイトなどが話題に上がっている。
そう呼ばれないためにも、これらをきちんと守っているか、確認してはいかがだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る