電話相談窓口「こころほっとライン」

すでに皆さまご存知のとおり、ストレスチェックと面接指導を事業者に義務付けることなどを内容とする「ストレスチェック制度」が本年12月より施行の予定です。
また、昨年11月に施行された「過労死等防止対策推進法」では下記が定められました。

・ 過労死等の実態解明のためにこれまで発生した過労死等の状況、要因を探り調査研究を進める。
・ 過労死等の原因のひとつである長時間労働の削減や、休暇の取得促進のために、これまでの働き方を見直し、仕事と生活の調和のとれた働き方を進めていく。
・ 学生らに過労死等問題に関するセミナーの実施、総合学習の題材として選択をできるようにする。
・ 過重労働対策やメンタルヘルス対策に取り組む企業が社会的に評価されるよう広く周知する。
・ 過労死等の危険性がある場合には、身体精神面について専門家に早期に相談できるようにするため、相談窓口の体制を整備する。

これらを踏まえて、厚生労働省では、平成27年9月1日より、メンタルヘルス不調やストレスチェック制度、過重労働による健康障害の防止対策に関することについて、全国の労働者等からの電話相談に応じる窓口「こころほっとライン」を開設しました。

こころほっとラインとは

全国の労働者やその家族、企業の人事労務担当者の方々からの相談を電話で受けるシステムです。
以下の内容が相談可能です。

<働く人のメンタルヘルス不調>
こころの悩み、人間関係の悩み、仕事の悩みについて
<ストレスチェック制度>
ストレスチェックの受検、ストレスチェック結果の評価とセルフケア、医師による面接指導を受けることについての助言、事業場内における情報管理とプライバシー保護、ストレスチェックをめぐる不利益な取扱いなどについて
< 過重労働による健康障害>
長時間労働による健康への影響、健康管理の状況、長時間労働の削減などの対策について

まだ、なかなか厚生労働省からも周知がされていない相談窓口ですが、一人で悩まれる前に一度相談してみてはいかがでしょうか?

<参考>
厚生労働省リーフレットこころほっとラインについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

田野優人株式会社ドクタートラスト 産業カウンセラー

投稿者プロフィール

日本の働き方、メンタルヘルスのあり方に不信感を抱き、大学では社会学を専攻。卒業後、健康経営のコンサルタントの道を進むべくドクタートラストへ入社。今まで延べ500社以上の企業へ訪問し、産業保健体制の実態を目の当たりにしてきました。また、産業カウンセラーとしても日々、悩みを抱える方々との面談を行っています。
【保有資格】産業カウンセラー
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る