残業代未払いで書類送検

つい最近、有名飲食チェーンが在籍する社員とアルバイト従業員に対する
労働基準法違反の疑いで、検察庁に書類送検されたとの発表があった。

ブラック企業対策として東京と大阪の労働局に設置された
特別対策班による書類送検は全国で二例目。大阪では今回が初めてだ。
過去にも店舗での長時間労働の是正などを指導したが、
改善が見られないため書類送検に踏み切った。

労働基準法 残業代の支払いについて

【法内残業】
就業規則等で定められた所定労働時間を超える残業
【法外残業】
法定労働時間を超える残業
いわゆる8時間を超える時間外労働

上記に関し雇用主は残業代の支払をしなければならない。

※また割増賃金も必要になる!

時間外労働・深夜労働 25%以上
休日労働       35%以上
時間外+深夜労働   50%以上
休日+深夜労働    60%以上

今後も残業代の未払いについて取締りが厳しくなっていく。
企業名の公表や書類送検は大きなダメージとなるだろう。
そうならないためにも、法を守るということが大切だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冨田さゆり株式会社ドクタートラスト 産業カウンセラー

投稿者プロフィール

ドクタートラストに入社して6年目、多くの民間企業・官公庁の健康管理に関わってきました。産業カウンセラーの資格を取得し、専門知識を深める日々です。対企業、対従業員、健康に働くためのアプローチは多種多様。各々の特性に合わせたアドバイスを心掛けています!
【保有資格】産業カウンセラー
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る