災害に対する備え

本日、9月1日は『防災の日』

1923年9月1日に関東地方で大地震が発生し、多くの尊い人命を失いました。
防災の日は、これを教訓として、台風・豪雨・洪水・地震・津波などの災害についての
認識を深めるとともに、こうした災害に対する備えを充実強化することにより、災害の
未然防止と被害軽減に役立つための目的で1960年に制定された。

防災の日には、地震や火災を想定し、各地で避難訓練が行われている。
こうした取組みは、いざという時の意識付けにとても重要なことだ。

企業の備えは十分か?

では、災害に対する企業の備えは十分だろうか。
・避難経路は確保されているか
・棚やキャビネットが固定されているか
・防火扉の前に、物が置かれていないか
・災害時、帰宅困難者に対応できるか
・最低限の水、食糧、毛布などの備えは十分か

毎月1回の嘱託産業医訪問では、すぐに対応できるものではない。
常日頃から衛生委員会や職場巡視で確認・対応することが大切だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】コロナでどう変わった?24万人のストレスチェック結果を1年前と比較してみたら意外な結果が…!

  2. 【動画あり】「コロナかも」従業員が激増!会社はどう対応する?~コロナが疑われる従業員、休ませた場合の手当は会社が支払うべき?~

  3. 【動画あり】改正育児・介護休業法の概要と背景を専門家が解説!

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る