夏野菜で暑い夏を乗り切る身体をつくろう!!

夏バテという言葉もあるように、夏の暑さにより体調不良を起こすこともある。
近年は栽培方法の工夫により旬の時期を問わず、野菜を目にするが、旬の野菜には、その時期に合わせて体を整える作用がある。
夏野菜といえば、枝豆、ナス、トマト、オクラ、ピーマン、トウモロコシ、カボチャなどが代表的である。
今回は、夏野菜に含まれる栄養素や効能について紹介したい。

枝豆

枝豆は大豆の未熟豆のことを指し、豆と野菜の両方の栄養的特徴を持つ緑黄色野菜である。
エネルギー、脂質、タンパク、ビタミン類、食物繊維、カルシウム、鉄分など多くの栄養素を含んでいる。大豆には少ないβ-カロテンやビタミンCも含むのが特徴。他の野菜と比較して、枝豆に多く含まれるビタミンB1、B2は体内で糖質、脂質などを分解してエネルギーに変える効果がある。夏バテの原因である食欲不振からくる栄養不足の解消や、疲労回復に効果がある。

ナス

ナスの成分は94%が水分だが、ビタミンB・C、カルシウム、鉄分、カリウム、食物繊維などをバランスよく含んでいる。
皮に紫黒色の色素 アントシアニン、クロロゲン酸などの抗酸化成分ポリフェノールが含まれる。これらに、体の老化を防ぐ、動脈硬化の予防、がんの発生を抑制するなどの作用があると言われる。
ナスには身体を冷やす効果があるため、暑い夏にはぴったりだが、冷え性の方は摂り過ぎないようにしていただきたい。

トマト

トマトにはリコピンが多く含まれている。
リコピンは免疫力を高め、がんの予防、肌の老化防止などの効果がある。リコピンは完熟するほど増えるといわれる。
また、熱を加えることでリコピンの吸収率が高くなる。
リコピン以外にも風邪予防に効果的なビタミンC、血液中の余分な塩分を排出してくれるカリウム、ビタミンBなどを含んでいる。普通のトマトよりもミニトマトの方が栄養価が高い。

オクラ

オクラ独特のぬめりは、ガラクタン、ペクチンなどの食物繊維による。
整腸作用やコレステロール排出作用がある。また、βカロテンやビタミンC、カリウム、カルシウムも多く含まれる。
β-カロテンは体内でビタミンAにも変換され、ビタミンAとしても効果を発揮する。
粘膜や皮膚の健康を守り、免疫機能を正常に保つ、視力維持などの効果がある。

ピーマン

ピーマンには、ビタミンCが豊富に含まれる。
ビタミンCはコラーゲンの生成を助けたり、メラニン色素の沈着を防いだり、健やかな肌を保つのに役立つため、日射しの強い夏には良い。
また、皮膚や粘膜を健やかに保ち、ウイルスから身体を守るのに効果的なビタミンAも含まれている。

トウモロコシ

トウモロコシにはエネルギーの元になる炭水化物が多く含まれる。
その他にはコレステロール値を下げて便秘解消に効果的な食物繊維、ビタミンB1・B2、ミネラル、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄分を摂ることができる。

カボチャ

カボチャは夏の緑黄色野菜の代表。
カボチャの黄色はβ-カロテンの色である。ビタミンC・Eも含まれている。
食物繊維も豊富なため、便秘解消にも効果的。
ビタミンEには血行を良くし、身体を温める効果があるため、夏場クーラーなどで冷えやすい方にはおすすめである。

旬の野菜はその時期の体調を整えるのに有効である。夏野菜を上手に取り入れ、バランスの良い食事で夏を乗り切っていただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る