過労死等の防止のための対策

過労死をゼロにし、健康で充実して働き続けることのできる社会を目指して、
7月24日(金)「過労死等の防止のための対策に関する大綱」が閣議決定された。

「過労死等防止対策推進法」に基づき、
(1)調査研究等
(2)啓発
(3)相談体制の整備等
(4)民間団体の活動に対する支援
上記の4つの対策を推進するための今後3年間の取組について定めている。

・労働時間
・職場におけるメンタルヘルス対策
・就業者の脳血管疾患、心疾患等の発生
・自殺
・脳・心臓疾患及び精神障害に係る労災補償

現在の日本の労働環境では様々な問題が発生し、また大きく取り上げられるようになっている。

厚生労働省参考資料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冨田さゆり株式会社ドクタートラスト 産業カウンセラー

投稿者プロフィール

ドクタートラストに入社して6年目、多くの民間企業・官公庁の健康管理に関わってきました。産業カウンセラーの資格を取得し、専門知識を深める日々です。対企業、対従業員、健康に働くためのアプローチは多種多様。各々の特性に合わせたアドバイスを心掛けています!
【保有資格】産業カウンセラー
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る