冷たいものが歯にしみる

冷たいものが歯にしみたり傷んだりする原因は?

現在、真っ只中。
夏といえば、ビール、炭酸飲料、アイス、かき氷など冷たいものが美味しい季節です。
しかしこの季節、虫歯はないのに冷たいものを食べると歯がキーンと傷んだり、しみたりするという悩みを持っている人いるのではないでしょうか。
このように、せっかく夏に美味しくて冷たいものを味わっているのに、歯がしみたり傷んだりしてしまう原因は「知覚過敏」といわれる歯の疾患です。

知覚過敏で歯が痛む原因は?

知覚過敏は、正式には「象牙質知覚過敏症」といいます。
歯は、健康な状態ではエナメル質と歯茎に覆われ、冷たさなどの刺激から守られている。
しかし、歯周病の進行や、不適切なブラッシングなど何らかの原因で歯の表面を覆うエナメル質が削れてしまうと、歯の根元の部分にある多数の神経につながる「象牙質」が露出し、そこから直接神経に刺激が伝わってしまうのです。

知覚過敏のセルフチェック方法

冷たいものや甘いものを食べている時に、歯に違和感を感じ、知覚過敏かなと思ったら、下記のうち当てはまるものがないか確認してみてみてください。

➀ 冷たいもしくは温かい飲み物・食べ物を口にしたときに歯がしみる
➁ 甘いものや酸っぱいものを口にしたときに歯がしみる
➂ しみる痛みは飲んだり食べたりした後、10秒以内で治まる
➃ 歯肉が下がって歯の根元が露出している
➄ 歯磨きの際に、歯ブラシの毛先が当たるとしみる
➅ 歯ぎしり・歯の食いしばりをしている
➆ 冷たい風に当たったときに歯がしみる

上記のうち1つでも当てはまる症状があれば、知覚過敏の疑いありです。
歯科を一度受診してみましょう。

知覚過敏の予防方法とセルフケア

知覚過敏の原因として多いのは、次のとおりです。

➀ 虫歯・歯周病予防のための強い力でのブラッシング
➁ 健康志向の高まりなどで、より摂取されるようになっている“酸”(黒酢や栄養ドリンク、スポーツ飲料、ワイン、フルーツなど)の摂りすぎ
➂ 日常的に歯を無意識に噛みしめてしまう癖

知覚過敏を予防するべく、次を意識しましょう。

➀ 力強い歯磨きを避ける
力強く歯を磨くと汚れが落ちやすいように感じます。
しかし、強い力でのブラッシングは汚れを落とすと同時に歯茎を痛めてしまい、知覚過敏へとつながるのです。
一番適している力は、歯ブラシを爪にあてた際にちょうど爪の色がピンクから白に変わるくらい。
これは100g程度力です。
この強さで1本1本を意識して、小刻みに歯ブラシを動かすことできれいに歯を磨くことができます。
歯ブラシは、やわらかめ~普通の硬さでブラシの小さめのものを選びましょう。

➁ 酸の摂りすぎを控える
酸の食品を摂取する際は、摂取後水を飲むなど長時間口腔内が酸に晒されないようにしましょう。

➂ 歯をかみしめないように意識する
夜間寝る際などはマウスピースなどの活用も効果的です。

知覚過敏かもしれないと気づいたときにはできるだけ早く歯科受診をしてください。
時間がとれず歯科受診が少し先になりそうな場合は、知覚過敏用の歯磨き粉が市販されているので、活用しての歯磨きをお勧めします。

歯を大切に

冷たい・熱いなどの刺激から歯に痛みやしびれを感じる知覚過敏は、その時々の体調などにより初期のうちは一時的なもののため、放置してしまいがちです。
しかし、知覚過敏がひどくなると歯を磨く際に痛みを感じるようになってしまうため、虫歯ができやすくなり、さらに知覚過敏も進行するという悪循環に陥ってしまいます。
美味しく食事をするために重要な歯。
日頃からの正しいブラッシングを行い、おかしいなと感じたら歯科受診をするなど大切にしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉尾 清乃株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

大学在学中に働く世代の方々の健康の大切さに興味を持ち、保健師になって約10年。今までいろいろな現場にてメンタル身体問わず健康の大切さをお伝えさせていただいてきました。働き盛りの忙しい時期にご自身の健康にいかに気を気を使えるか、これがこれからの人生100年時代をイキイキと生き抜けるかどうかに非常にかかっています。そのお役に立てるよう忙しい中でも読んでよかったと思える情報をお伝えしていきます。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、人間ドック健診情報管理指導士、健康運動指導士
【詳しいプロフィールを見る】
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る