従業員数が50名未満の場合の産業医面談

「地域産業保健センター」での面接指導

50人未満で産業医がいない事業所でも残業が月100時間超となる
過重労働者がいる場合、医師の面接指導を実施しなければならない事をご存じだろうか。

上記のようなケースで産業医の面談が難しい場合は
「地域産業保健センター」での面接指導のご活用をお薦めする。

地域産業保健センターは、国の委託事業として都道府県単位に設置されており、
県内に数ヶ所~十数か所設置され、長時間労働者への医師による面接指導を
無料で行ってる。

面接指導の流れ

流れ

この制度のメリット・デメリット

≪メリット≫
・無料で、長時間労働に関わる労働安全衛生法令が遵守でき、
 社員の過労死、過労自殺のリスクを下げることができます。

≪デメリット≫
・地域産業保健センターが混み合っており
 順番待ちでなかなか受けられない場合がある。
・会社の近くにない場合がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る