労働安全衛生規則の改正~足場からの墜落防止対策の強化~

労働安全衛生規則の改正

足場からの墜落防止対策の強化のため、2015年7月1日より改正労働安全衛生規則が施行された。

改正の目的

建設現場などで広く使用される足場からの墜落・転落による労働災害が多く発生している状況を鑑み、厚生労働省では、足場を安全に使用するため、足場に関する墜落防止措置などを定める労働安全衛生規則を改正し、足場からの墜落防止措置を強化した。

改正のあらまし

改正内容は以下の通り。

1 足場の組立てなどの作業の墜落防止措置を充実
2 足場の組立てなどの作業に特別教育が必要
3 足場の組立てなどの後は注文者も点検が必要
4 足場の作業床に関する墜落防止措置を充実
5 鋼管足場(単管足場)に関する規定の見直し

2015年7月1日以降、足場の組立て、解体または変更の作業のための業務に労働者を就かせるときは、特別教育が必要となる。
今後足場からの墜落・転落による事故を減らすために、事業者には改正された規則に則っての業務を行うことが望まれる。

参考資料:厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000081917.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

檜森 哲株式会社ドクタートラスト

投稿者プロフィール

総務・経理業務の経験から、企業の労働環境を向上できるような記事やトピックをお伝えしていきます。また、昨今の働き方改革に伴う業務効率化についても積極的に情報を発信していきたいと思います。
【保有資格】第一種衛生管理者
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】コロナでどう変わった?24万人のストレスチェック結果を1年前と比較してみたら意外な結果が…!

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 【動画あり】休職者、在宅勤務者を手厚く支援する「アンリケアサービス」とは?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る