夏には注意!プール熱

夏にはプールに出かける人も多いのではないだろうか。今回、プールで感染する可能性のある「プール熱(咽頭結膜熱)」について説明する。

 プール熱(咽頭結膜熱)とは

主にアデノウイルス3型による小児に多い急性ウイルス感染症である。正式には咽頭結膜熱というが、プールでの感染も多くみられることから、プール熱ともよばれている。6月頃から徐々に流行しはじめ、7~8月にピークをむかえる。夏にピークをむかえるが、1年中感染する可能性がある。

症状

発熱で発症し、頭痛、食欲不振、全身倦怠感とともに、咽頭炎による咽頭痛、結膜炎にともなう結膜充血、眼痛、羞明、流涙、眼脂といった症状が3~5日程度持続する。潜伏期間は5~7日。

 感染経路

結膜、あるいは上気道から感染する。感染力は強い。

・汚染した水が結膜から侵入(プールなど)

・タオルの共用

・飛沫感染

・接触感染(ドアノブ、エレベーターのボタン、階段の手すり等の患者が触れたものを触ることによっても感染する場合がある)

 予防方法

通常の風邪対策同様、手洗いうがいが重要。また、規則正しい生活、バランスの良い食事により免疫を高めることも大切である。

・手洗いうがい

・プール前後のシャワー

大人にも感染する?

主に小児がかかる病気だが、大人はかからないというわけではない。子どもを看病していて、感染する例もある。手洗いうがいの実施、タオルの共有をやめる、感染者と洗濯を別にする、などの予防が必要である。(症状消失後も約1カ月間にわたって尿・便中にウイルスが排出されると言われている。)

アデノウイルスには特効薬がないため、対症療法になるが、眼症状が強い場合には、眼科的治療が必要になることもある。前述の通り、大人も子どもも発症する可能性がある。楽しかったプールの後に苦しむのはつらいため、プールで遊ぶ際には、感染予防対策を行っていただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る