平成26年度の精神障害による労災補償の状況

精神障害に係る労災請求・決定件数の推移

平成26年度の精神障害による労災請求件数は1,456件、支給決定件数は497件。

労災請求件数は平成25年度を47件上回り、支給決定件数も61件上回った。
これはいずれも過去最多であった。

また、上記の件数には自殺(含む未遂)による件数も含まれている。
平成26年度の請求件数は213件、支給決定件数は99件。
自殺による件数は平成23年度以降は減少したが、平成26年度は再び大幅増加しての過去最多となった。

時間外労働時間数(1か月平均)別の支給決定件数

平成25年度では436件だった時間外労働者の労災支給決定件数は、

平成26年度には497件に増加。

特に時間外労働「月160時間以上」は、31件から67件と大幅に増加した。

厚労省が過労死のリスクが高まると位置づける「過労死ライン」の残業時間は「月80時間以上の残業」であり、「月160時間以上」はその2倍以上となる長時間残業を行っていることになる。

支給決定件数が増加したことで、長時間労働による労災が認められると社会が捉えれば、それが長時間労働の歯止めとなり、今後の労災減少の一助となるであろう。

参考資料 厚生労働省「精神障害に関する事案の労災補償状況」
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11402000-Roudoukijunkyokuroudouhoshoubu-Hoshouka/h26seishin_1.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
檜森 哲

檜森 哲株式会社ドクタートラスト

投稿者プロフィール

総務・経理業務の経験から、企業の労働環境を向上できるような記事やトピックをお伝えしていきます。また、昨今の働き方改革に伴う業務効率化についても積極的に情報を発信していきたいと思います。
【保有資格】第一種衛生管理者
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る