「超悪玉コレステロール」ってご存知ですか。

コレステロールには、善玉(HDL)コレステロールと悪玉(LDL)コレステロールがあるということはすでにご存じの方も多いだろう。

健康診断の結果などでコレステロール値が悪かった場合、動脈硬化から心筋梗塞などの心疾患のリスクを高めるとされる。

今回は、特に動脈硬化の直接的な要因になりやすいとされている「超悪玉(小型LDL)コレステロール」について、ご紹介したい。

 

コレステロールとは

コレステロールは、体内の脂質の一種で、私たちの細胞膜やホルモン、消化酵素の原料としての役割があり、人間に必要不可欠なものである。

約8割は体内で作られ、残りの2割が食事などからの摂取である。そのため、食事によるコレステロール量は、1日当たり約0.5g程度で十分であるとされている。

食事から多量に摂取すれば体内で作られる量が減り、食事からの量が少なければ体内でたくさんコレステロールが合成されるというように、私たちには体内でのコレステロール量をコントロールできる力が備わっている。

 

「超悪玉コレステロール」とは

悪玉(LDL)コレステロールは、コレステロールを全身へ運ぶことから動脈硬化を促進するため、「悪玉」と呼ばれている。その大きさは様々であり、中でも「超悪玉(小型LDL)コレステロール」は言葉の通り、LDLコレステロールが小型化したものをいう。

<主な特徴>

  • 血管の壁に、侵入しやすい。
  • 血液中に、長くとどまる。
  • 抗酸化物質量が少ないため、酸化しやすい。
  • 数が多い場合もLDLコレステロール値は正常を示す場合があるため、見つけにくい。

 

これらの特徴から、動脈硬化のリスクがより一層高くなるとされている。

実際、冠動脈疾患の既往がある者の 約7 割が小型LDLを多く持っているなどの報告もあり、心筋梗塞などの心疾患を起こした人に、特に超悪玉(小型LDL)コレステロール」が多くみられていることがわかっている。

 

特に、気を付ける必要があるとされる人

「超悪玉(小型LDL)コレステロール」は、脂質異常症や高血圧などの生活習慣病との関連が大きい。そのため、下記に当てはまる者は「超悪玉(小型LDL)コレステロール」が多い傾向にあるとされ、特に注意する必要がある。

  • 血圧が高い。
  • 中性脂肪の値が基準値より高い。
  • 肥満(とくに内臓脂肪型肥満)傾向である。
  • 血糖値が高い。
  • 心筋梗塞や狭心症などの心疾患の既往がある。
  • 善玉(HDL)コレステロールの値が基準値より低い。

 

実際に検査するには…

「超悪玉(小型LDL)コレステロール」は、血液検査を行い調べることが可能である。しかし、一般の健康診断の項目には含まれていない。

特に、気を付ける必要があるとされる方、健康診断などで生活習慣病と診断された方は、個々の状況に応じて医師や医療機関に相談し、検討していただければと思う。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

  1. 他人ごとだと思っていませんか?若年性認知症
ページ上部へ戻る