Noと言えますか?

相手の受け止め方や立場を考え過ぎて、「No」と言うことができず、
本意ではないのに同意してしまったり、後々嫌な思いを引きずったり・・・
そんなしんどい思いをしてしまう事はないだろうか。

言いたいことが言えない、「No」と言えない・・・
そんな風に思っている人に「アサーション」というコミュニケーションスキルをご紹介したい。

アサーション

アサーションとは和訳すると「断言」「主張」といった内容だが、
ここでいうところのアサーションはそういった「強く自己主張する技術」とは違う。

自分自身のことを考え、相手のことも配慮する「相互的な関係」である。
これは「相手に気兼ねし自分のことを後回しにする」タイプや
「自分のことばかり考えて相手のことを顧みない」といったタイプの
一方向的な対人関係とは異なる。

あなたの自己表現の傾向は?

自己表現のタイプは大きく分けて3つある。

スーパーのレジに並んでいたら、急に横から割り込まれた。
こんな場合あなたはどうするか?

1)内心ムッとしたが、相手には何も言わない。
2)割り込んだことに対して相手に怒鳴り、列からどかせようとする。
3)自分が先に並んでいたと相手に伝え、後ろに並んでくださいと頼む。

1)は、自分の気持ちや考えを表現しなかったり、曖昧な言い方する非主張的
 (ノン・アサーティブ)な表現タイプである。
2)は、相手に自分の考えや意見を押し付ける言動で、攻撃的(アグレッシブ)な表現タイプ。
  この表現タイプの場合、相手の言い分を軽視(又は無視)することになる。
3)は、自分の意見を正直・率直に伝える表現で、アサーティブな表現タイプ。

3)のアサーティブな表現は、相手は相手なりに言い分や意見があるということを
きちんと理解しており、お互い意見を伝えることで、意見の食い違いがあっても
お互い歩み寄ろうとする姿勢があるという事が特徴だ。

その上で、自分の考えや気持ち、意見等を率直にその場にふさわしい方法で表現する。
対等で率直、自分にも相手にも誠実で、お互いを尊重する態度に基づいたコミュニケーションスキルである。

自分も相手も尊重・理解・配慮したアサーティブな表現でコミュニケーションすると、
自分はもちろん相手も嫌な気持ちにはならない。
言いたいことをいわずに引っこめてしまったり、相手を責める表現や皮肉を使ったりすることなく、
「No」を伝えることができるのだ。

「No」と言うときのポイント
① 「No」だけを伝えて終わらない。自分の気持ちや状況を伝える(状況説明)。
② 相談してみる
③ 譲歩案を出してみる

上記に加えて、非言語的なアサーションも大切である。
・相手と視線を合わせる
・身振り手振りで話す
・早口にならない

いろんな立場や性格の人が集まってする職場では、様々な軋轢や葛藤がつきものである。
たとえ自分の意見が通らなくても、相手に自分の気持ちを率直に伝え、
気持ちよく仕事ができるよう、自らが動いていきたいものだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る