平成26年度 職場における熱中症による死傷災害数を公表

厚生労働省は、平成26年の「職場での熱中症による死傷災害の発生状況」を取りまとめ、この結果を踏まえて、平成27年度の職場における熱中症予防対策を策定した。
本年度も昨年に続き、死傷災害が多く発生している建設業や製造業などを重点業種とし、都道府県労働局長あてに通達を行う。

平成26年度の職場における熱中症による死傷者数の状況

昨年の職場での熱中症による死傷者数(死亡・休業4日以上)は423人と、平成25年よりも107人少なく、うち死亡者は12人と、平成25年よりも18人少なくなっている。
しかし、近年の熱中症による死傷者数は、猛暑だった平成22年の後も毎年400~500人台で高止まりの状態だ。
業種別に死傷者数をみると、建設業が最も多く次いで製造業で多く発生しており、両業種で全体の約5割を占めている。

平成27年の熱中症予防対策

今年の夏は、気温が平年並みかそれよりも高くなることが見込まれ、熱中症による労働災害が多く発生することが予想されている。
そのため、厚生労働省は下記予防対策を重点的に行うよう公表した。

1.建設業や、建設現場に付随して行う警備業では、特に次の4項目を重点事項とすること。
■WBGT 基準値を超えることが予想される場合には、簡易な屋根の設置、スポットクーラーの使用、作業時間の見直しを行うとともに、単独での作業を避ける。
作業時間については、特に7、8月の14時から17時の炎天下などでWBGT値が基準値を大幅に超える場合には、原則作業を行わないことも含めて見直しを図る。

■作業者が睡眠不足、体調不良、前日に飲酒、朝食を食べていない、発熱・下痢による脱水症状などがみられる場合は、作業者に対して日常の健康管理について指導するほか、朝礼の際にその状態が顕著にみられる作業者については、作業場所の変更や作業転換などを行う。

■管理・監督者による頻繁な巡視や、朝礼などの際の注意喚起などにより、自覚症状の有無に関わらず、作業者に水分・塩分を定期的に摂取させる。

■高温多湿な作業場所で初めて作業する場合には、順化期間を設けるなどの配慮をする。

2.製造業では特に次の2項目を重点事項とする。
■WBGT値の計測などを行い、必要に応じて作業計画の見直しなどを行う。

■管理・監督者による頻繁な巡視や、朝礼などの際の注意喚起などにより、自覚症状の有無に関わらず、作業者に水分・塩分を定期的に摂取させる。

※WBGT:気温に加え、湿度、風速、輻射(放射)熱を考慮した暑熱環境によるストレスの評価を行う暑さの指数。

熱中症を予防する為には、各事業場での具体的な対応策を設ける必要がある。
厚労省発表の指針を参考に、是非早めの対応を行っていただきたい。

厚生労働省 「平成27年の職場での熱中症予防対策」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

  3. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る