働く女性のお肌のゴールデンタイムとは?

肌のゴールデンタイムとは?

肌にとってのゴールデンタイムは22時〜2時という話を聞いたことがないだろうか?22時〜2時の間に成長ホルモンがたくさん分泌されるため、その時間に睡眠をとることが美肌の鍵という話だ。しかし、現代の働く女性にとって毎日22時に入眠すること自体なかなか難しく、職種によっては交代制勤務があったりと、そもそも22時〜2時までずっと起きている方もいるだろう。それでは22時〜2時という時間帯を逃してしまうと、美肌の鍵となる成長ホルモンは分泌されないのだろうか?

睡眠と成長ホルモンの関係

成長ホルモン(GH)は成長や代謝をコントロールする働きがあり、子供の骨の成長、筋肉の成長、傷の治癒、肌の新陳代謝にとって重要な役割を果たしている。そして成長ホルモンは睡眠中に分泌されるホルモンであるため、肌の再生や修復、新陳代謝を活発にするためには睡眠がとても大切なことは間違いない。しかし、成長ホルモンは22時〜2時という時間に睡眠を取らないと分泌されないわけではないのだ。

寝る時間よりも睡眠の質が大切

実は成長ホルモンの分泌は時間で決まっているのではなく、眠り始めてから約2〜3時間に集中している。つまり、23時に就寝した場合は23時〜2時頃、0時に就寝した場合は0時〜3時頃という風に、眠り始めの約3時間が成長ホルモン分泌の時間帯となるのだ。

以前は現代よりも生活時間帯が早かったこと、また子供の成長という観点では22時〜2時に就寝していることが大多数であるため、「成長ホルモンの分泌=22時〜2時」という話が広まったのだ。もちろん規則正しく就寝できる生活はとても大切だが、ぜひ眠り始めの3時間の睡眠を大切にしてほしい。寝つきが悪かったり、途中で何度も目が覚めてしまうと、深い睡眠がとれず成長ホルモンの分泌がスムーズにいかないため、結果的に肌荒れの原因になることが多い。睡眠は体や肌だけでなく精神的な疲労も含め、日中受けたダメージを修復・回復するための大切な時間である。時間だけにこだわるのではなく、熟眠できているか、途中で何度も目が覚めないかなどにも着目し、良い眠りにつなげてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
田中 祥子

田中 祥子株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業の健康管理室で働いていた経験をさまざまなかたちで皆さまにお届けします。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る