内閣府の取り組みとして、ワーク・ライフ・バランスを推進している事は御存知の方も多いだろう。
では、「カエル!ジャパン」という言葉はどれだけの知名度があるだろうか。

カエル!ジャパン

『ひとつ「働き方」を変えてみよう』を標語に、働き方を変え、プライベートを楽しむ時間を作る。
そんなワーク・ライフ・バランスの実現に向けて仕事のやり方を考えようという取り組みだ。
ひとつ「働き方」を変えてみよう! カエル!ジャパン

基本的な考え方

様々な理由で仕事と生活が両立しにくいが、本当は誰もが「仕事と家庭、どちらも充実させたい」と思っている。そのためには、各企業や働く人たちはもちろん、国や地方公共団体が連携し、社会全体で取り組んでいくことが欠かせない。
平成19年12月に「仕事と生活の調和推進のための行動指針」が策定され、平成20年1月には、内閣府に「仕事と生活の調和推進室」が設置された。
この国民運動を一層効果的に推進する為に、「カエル!ジャパン」というキーワードの下、取り組みを加速させている。

活動内容

カエル!ジャパン通信

職場において、上手くワーク・ライフ・バランスが実現出来ない、推進出来ないという意見を受けて、ワーク・ライフ・バランスに関する各種施策、具体的な取組事例、有識者の話、各種データ等の情報を提供する為、仕事と生活の調和推進室から、登録している方へ以下の内容が、1か月に1回配信されている。
>>登録はこちらから<<

(1) ワーク・ライフ・バランスについての関係省庁、地方公共団体、労使団体、関係団体等の最新情報
(2) ワーク・ライフ・バランスに関連する調査・統計、論文・著作物等の紹介
(3) ワーク・ライフ・バランスを推進するための企業向けまたは企業で働く人向けの施策の紹介
(4) ワーク・ライフ・バランスに関する有識者の話

キャンペーンへの自由参加

国全体を挙げてキャンペーンを推進する為に、広くキャンペーンへの参加を促している。
キャンペーンに参加した人はシンボルマークの使用が可能であるなど、企業取り組みの一つとしての活用が見込まれるだろう。

今後のワーク・ライフ・バランスの動向

今年の12月にはストレスチェック制度の義務化が行われるなど、個々人が自らの健康を意識する機会が増えていくことが予想される。そういった流れの中で企業として、労働者に向けたワーク・ライフ・バランスの提案を行うことも重要視されていくだろう。
今後、『ワーク・ライフ・バランス』について個々人の意識が強まる中で、
企業として何ができるのか、何をすべきなのかを今一度話し合ってみてはいかがだろうか。
せっかく取り組むのであれば、ユニークなシンボルとキーワードを活用して楽しく推進することをお薦めする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る