労働安全衛生法って、どんな法律なの?

今年度からストレスチェックが実施される

これは「労働安全衛生法」の改正によって定められたものだ。

「ストレスチェック」をはじめ、「産業医」「定期健康診断」「過重労働面談」といった
キーワードも広く浸透してきているが、これもすべて、この「労働安全衛生法」に起因している。

そもそもどんな法律なのか?

職場における労働者の安全と健康を確保することを目的に、
昭和47年6月8日に公布されている。

昭和47年といえば、札幌冬季オリンピックの開催、また上野動物園でパンダが公開された年で
世情は現代とは大きく異なっている。

時代遅れの法律なのか

というとそうではない。
今回改正が行われたことからもわかるように、
その時代の状況に合わせて何度かの改正が行われている。

今回のストレスチェックの実施についても、時代に求められての事と言える。

一度、労働安全衛生法をご覧いただいて、
ご自身の職場の労働安全衛生について考えてみてはいかがだろうか。

※労働安全衛生法※
総則、労働災害防止計画、安全衛生管理体制、労働者の危険又は健康障害を防止するための措置、
機械等並びに危険物及び有害物に関する規制、労働者の就業に当っての措置、健康の保持増進のための措置、
快適な職場環境の形成のための措置、安全衛生改善計画等について定めている。

下記URLより、全文をご覧いただけます。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47HO057.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る