パワハラ予防・解決に向けた提言

暴言 や 仲間外し といった「職場のパワーハラスメント(パワハラ)」は、近年、社会問題として大きな問題となってきています。

平成24年3月15日に行われた、厚生労働省の
「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」において、
「職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた提言」が取りまとめられました。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000025370-att/2r9852000002538h.pdf

提言では、働く人の誰もが、この問題の当事者となり得ることや取り組む意義を訴えるとともに、
予防解決に向け、職場の一人ひとりにそれぞれの立場からの行動を呼びかけています。

提言のポイント

・企業や労働組合はこの問題をなくすために取り組むとともに、
その取り組みが形だけのものにならないよう、職場の一人ひとりにも
それぞれの立場から取り組むことを求める。

・トップマネジメントは、こうした問題が生じない組織文化を育てるために、
自ら範を示しながら、その姿勢を明確に示すなどの取り組みを行うべき。

・上司は、自らがパワーハラスメントをしないことは勿論、部下にもさせてはならない。
ただし、必要な指導を適正に行うことまでためらってはならない。

・職場の一人ひとりに期待すること
①人格尊重:互いの価値観などを認め合い、互いを受け止め、人格を尊重しあう。
②コミュニケーション:互いに理解し協力し合うため、適切なコミュニケーションを行うように努力する。
③互いの支えあい:問題を見過ごさず、パワーハラスメントを受けた人を孤立させずに声をかけ合うなど、互いに支えあう。

・提言は、働く人の尊厳や人格が大切にされる社会を作っていくための第一歩。

・組織は対策に取り組み、一人ひとりは職場を見つめなおし、互いに話合うことからはじめるように期待する。

パワーハラスメントによって、

社員のメンタルヘルスの悪化
職場全体の士気や生産性を低下させる

などの事態が発生することも指摘されています。

企業にとってマイナス要因でしかないパワハラ。
予防できる職場づくりを心がけましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る