水中毒~水分の過剰摂取~

日に日に暖かくなり、日中は夏のような日差しが舞い込む日あります。
これからの時期、熱中症対策として水分補給が重要になってきますね。
しかし、水分の摂りすぎは死に至る可能性があり、とても危険だとご存知でしたか。

水中毒とは

水中毒とは、過剰の水分摂取によって生じる中毒症状のことです。
具体的には低ナトリウム血症やけいれんを生じ、重症では死に至ります。
人間の腎臓が持つ最大の利尿速度は毎分16mlであるため、これを超える速度で水分を摂取すると体内の水分過剰で細胞が膨化し、低ナトリウム血症を引き起こす水中毒に陥ることをいいます。

◆主な症状

① 軽度の疲労感
② 頭痛や嘔吐
③ 気分が不安定になり、神経過敏や注意散漫に
④ 痙攣・昏睡の症状
⑤ 呼吸困難

◆死亡例

2007年、アメリカのラジオ番組の企画で、トイレに行ったり、吐いたりすることなく、いかに水を飲むかを競うこの大会に、医療従事者の注意を振り切り出場した女性が、大量摂取により死亡する事故が起きました。
その女性は、約3時間で水を7.5リットル摂取したのです。
死亡の原因として、急速な水の摂取で、体内の水分バランスが崩れ、脳が腫れてしまい呼吸のコントロールができなくなったことが死を招いたと言われています。

◆防ぐには

・ 1日の摂取量は1.5~2リットル程度に抑える
・ 1度に過剰摂取せず、こまめに分けて飲む
・ 冷えている水ではなく常温水にする
・ トイレを我慢せずに、尿として水を排泄する
・ 冷奴やそうめん等の淡泊なものを食べ過ぎない

大量の発汗後は塩や梅干し等の塩分を多く含む食品で意識的にナトリウムの摂取を心掛けるのが効果的です。

「水中毒」と「熱中症」

夏のだるさや、吐き気等を熱中症と勘違いし、水分を大量摂取してしまうと、逆効果で水中毒に陥ることも少なくありません。
現に、熱中症と勘違いをし大量の水を摂取した事により水中毒になってしまった例もあります。
特に、下記は夏に発症すると、水中毒の症状と似ているため勘違いを起こしやすい病気です。
少しでもおかしいなと感じた際は自己判断をせず、病院へ行きましょう。

・ 熱中症
・ 細菌性髄膜炎
・ バセドウ病

ただ、水中毒を恐れて熱中症になってしまっては本末転倒なので、この時期は特に「適量摂取」を頭にいれ、常識的な飲み方を心掛けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る