衛生管理者試験 H27年度日程

新年度となり、衛生管理に関しても
新たな体制で取り組まれている企業も多いのではないだろうか。

そんな企業の衛生管理の中心者となる「衛生管理者」に関して、
受験資格の複数項にも盛り込まれている

「1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの」
という条件をこの春でクリアし、
新たに資格取得を目指す(あるいは指示される)機会も多くあるかと思う。
そこで本年度の衛生管理者試験の日程をお知らせする。

・第一種衛生管理者・第二種衛生管理者免許試験日(平成26年12月~28年3月)
http://www.exam.or.jp/exmn/H_nittei502.htm

それぞれ近隣の試験会場・日程を、今一度確認いただければと思う。

衛生管理者の必要人数

また改めて確認しておきたいのが、衛生管理者の必要人数は
各事業場の従業員数によって異なってくる点だ。
新入社員を多く採用するこのタイミングで、下記の条件も
再度ご確認いただきたい。

50人以上~200人以下   ▶▶▶ 1人以上
200人超~500人以下   ▶▶▶ 2人以上
500人超~1,000人以下  ▶▶▶ 3人以上
1,000人超~2,000人以下 ▶▶▶ 4人以上
2,000人超~3,000人以下 ▶▶▶ 5人以上
3,000人超  ▶▶▶ 6人以上

衛生管理者試試験合格へのプチ情報

衛生管理者資格所得者のお話を伺うと、
多くの方が、試験へ向けての勉強方法として
「過去問題を繰り返し解く」という対応をしていらっしゃるようだ。

つい最近お会いした方で、「過去5年分の過去問題を解けば必ず受かる!」と
豪語されれている方もいらっしゃった。(あくまでその方個人の意見です…。)

とにかく、出題の傾向などを把握するのには良い手法のようだ。
ぜひ一度ご確認いただき、資格取得への参考としてもらいたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る