不安全行動”という言葉をご存じでしょうか。
リスクを知りながらもついついやってしまった、危険だとわかっていたのにその行動をとってしまったという経験は少なからずあると思います。
まさにこれが不安全行動”です。
危険行動そのものの大きさにかかわらず、自分自身または周囲の人間の安全を脅かす可能性のある行動意図的に行うことをいいます。

「これくらいなら大丈夫」の危険

さて、人が不安全行動に出てしまう裏にはなにがあるのでしょうか。
それは、危険な状態に陥ることを自覚しながらも行動に関連する労力・コスト・時間などを懸念し、「これくらいなら大丈夫」「皆がやっているから自分も」「面倒臭いから」などによる慣れや自信などです。
そしてこれらが労働災害の発生要因となるのです。
そのため、そうした行動の認識・防止が労働災害の防止につながると考えられます。
事業者や労働者が危険な行動を認識し、意識しながら注意を行うだけでも不安全行動を防止する一歩でしょう。

<「労働災害原因要素の分析(平成22年)」による労働災害の原因:厚生労働省>

① 不安全な行動及び不安全な状態に起因する労働災害 94.7%
② 不安全な状態のみに起因する労働災害 2.9%
③ 不安全な行動のみに起因する労働災害 1.7%
④ 不安全な行動もなく、不安全な状態でもなかった労働災害 0.6%

 不安全行動を防止するには

不安全行動をとってしまう誘発要因とともに、人間工学的かつ労務管理対策を考える必要があります。
下記、誘発要因および対策に関する具体的な内容です。

<誘発要因>
①労働者の要因 ②作業の要因 ③作業環境の要因 ④安全管理の要因 ⑤組織の要因 

<誘発要因に応じた対策>
・十分な安全教育
・指導、監督の徹底
・設備や作業環境の改善
・人間工学的な観点の配慮
・職場におけるよき人間関係の構築
・労働時間、休日、休憩といった労働条件の適正化など

これらはひとつの要因に起因している訳ではなく、複数の要因が複雑に絡み合っています。
そのため、それぞれの誘発要因に応じた対策方法を考え、対処していくことが求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  2. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  3. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る