定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

労働安全衛生法第66条にもとづき、事業者に義務づけられている健康診断にはいくつか種類があります。

(健康診断)
第66条 事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断(第66条の10第1項に規定する検査を除く。以下この条及び次条において同じ。)を行わなければならない。労働安全衛生法

そのうちの一つが定期健康診断です(労働安全衛生規則第44条)。

(定期健康診断)
第44条 事業者は、常時使用する労働者(第45条第1項に規定する労働者を除く。)に対し、1年以内ごとに1回、定期に、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。
一 既往歴及び業務歴の調査
二 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
三 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
四 胸部エックス線検査及び喀痰かくたん検査
五 血圧の測定
六 貧血検査
七 肝機能検査
八 血中脂質検査
九 血糖検査
十 尿検査
十一 心電図検査
労働安全衛生規則

定期健康診断には報告義務がありますが、この報告書の記入に困ったことはないでしょうか。
今回はこの定期健康診断の報告書を記入するにあたっての注意事項をご紹介します。

報告義務

常時50人以上の労働者を使用する事業者は、定期健康診断の結果を遅滞なく、所轄労働基準監督署長に提出しなければなりません。

また、報告する際には定期健康診断報告書に記入する必要があります。
提出は1年に1度必ず行わなければならないが、何回かにわけて提出することもできます。
その際の注意事項に関しては下記表内の対象年の欄を参考にしてください。

定期健康診断結果報告書の記入にあたっての注意事項

記入項目記入内容と注意事項
対象年報告対象とした健康診断の実施年を記入する。⇒( 月~ 月分)には、1年を通じ順次健康診断を実施し、一定期間分をまとめて報告する場合の期間を記入する。⇒(報告 回目)には該当年において本報告書が何回目の提出かを記入する。
健診年月日報告書にかかる健康診断を実施した年月日を記入する。
⇒健康診断を何回かに分けて実施し、まとめて記入する場合は、最終の健診年月日を記入する。
在籍労働者数報告書に記入した「健診年月日」現在の常時使用する労働者数を記入する。
⇒一定時期のみ使用する労働者や、通常の労働者にくらべ1週間の所定労働時間がおおむね4分の3以下の短時間労働者については含めなくても構わない。
所見のあった人数何らかの項目(歯科健診を除く)に所見のあった物の人数を記入する。
「健康診断項目」の「有所見者数」を単に足した人数ではないので注意が必要。
⇒1人の労働者が複数の項目に所見がある場合は1人として数える。
⇒有所見者とは、異常のあった者をさし、「異常なし」「ほぼ正常」以外はすべてカウントする。
医師の指示人数要治療、要精密検査、要生活指導等医師の指示があった者の人数を記入する。
⇒要再検査、経過観察は、医師の指示人数に含まれない。

この他にもいくつか記入項目があります。
ドクタートラストでは、注意事項を一覧にしたものを作成しています。
ぜひご参考に!
注意事項一覧:http://doctor-trust.co.jp/pdf/kenshin-kisairei.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  2. 【動画あり】「抗原」「抗体」ってなに? コロナ抗体検査は必要?

  3. 【動画あり】休職者、在宅勤務者をサポート「アンリケアサービス」~その魅力と導入の流れ~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る