殺菌、消毒、除菌、滅菌の意味

感染症の流行時期になると、ウェットティッシュや手指消毒剤など様々な商品で、殺菌や消毒、除菌、滅菌といった言葉を目にしますね。
似たような言葉ですが、実はそれぞれ意味には大きな違いがあるのです。

殺菌

殺菌は文字どおり、菌を殺す、死滅させることです。
殺菌と聞くと、表現的にはかなり効果が高いような印象を受けますね。
しかし、どの程度の菌を死滅させなければいけないという具体的な定義はありません。
つまり、すべての菌を殺す作用はなくてもこの表現を用いることができるのです。
存在する菌のうちのいくつかを死滅させることができれば殺菌と表現することは可能だということです。
殺菌という表現は、消毒薬などの「医薬品」や薬用石鹸などの「医薬部外品」(薬事法の対象になる物)で使うことができる表現です。

消毒

「消毒・殺菌」のように、並行して使われる用語に、消毒があります。
消毒は、付着または含まれている菌を、死滅・除去させ、害のないレベルにまで減らす、もしくは感染力を失わせるなどして、毒性を無力化させることです。
消毒も殺菌と同様に薬事法の対象になる物で使うことができる表現です。

除菌

除菌はかなり身近な表現ではないでしょうか。
除菌も文字通り、菌を取り除く意味に変わりはないですが、どの程度取り除かなければ除菌と表現できないという定義はありません。
殺菌との決定的な違いは、薬事法に縛られない点。
薬事法の対象にならない雑貨品にも使うことが出来る表現なのです。

滅菌

滅菌は、除菌、殺菌よりも強力な意味で、菌の死滅・除去を表現します。
すべての細胞を取り除くという意味なので、人体に対して表現されることはまずない。
「手を殺菌する」ことはできるが、「手を滅菌」することはできないからです。
ただ、すべてのと言っても菌をゼロにすることはできないので、無菌性保証水準(SAL)と言う基準があります。
この基準をクリアすれば滅菌と言う表現を用いることができるのです。
日常生活においては目にすることが少ないかもしれませんが、医療用の器具などにはよく用いられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 「新型コロナウイルス感染症対策」の動画、資料、ポスターを公開しました

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る