産業医の個人情報の取扱いについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

医師が個人情報を漏洩した場合

医師は業務を遂行する上で、患者の個人情報を取得する。
またその診断結果も個人情報の一つとなる。
しかも極めてデリケートな内容につながる場合がある。

もしその医師が個人情報を漏洩した場合、どのようになるかご存知だろうか?

実は通常の職業よりもはるかに厳格に定められており、正当な理由無く漏洩すればなんと
刑法で裁かれることになる(刑法第134条)。

「刑法で裁かれる」=「犯罪」=「医師免許証剥奪」につながるため、いかに厳しく取り決められているかがおわかりかと思う。

※ 参考:厚生労働省発表 「医療分野における個人情報保護について」

一般人よりもさらにさらに個人情報を慎重に取扱わなければならない職種である。
産業医も医師であるため、もちろん同様。

個人情報保護法(民法)どころの話ではなく、刑法(司法)の対象となることから、医師は全員既知であるはずのため、安心して相談していただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
杉井 将紘

杉井 将紘株式会社ドクタートラスト 常務取締役

投稿者プロフィール

IT企業に長年従事。その際の労働環境が整備されておらず、訴えても変わらない状況から健康管理会社のドクタートラストへ転職を決意。
畑違いの業界に戸惑いつつも、ITの力を駆使して産業保健業界に一石を投じるべく日々奮闘。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 派遣労働者の健康診断~よくある質問集~

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る