男性の更年期障害

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

男性には、男性ホルモンと呼ばれる『テストステロン』が徐々に低下することで、女性の更年期障害と似ている症状が起こる。これを『男性更年期障害』と呼ぶことがある。

専門的にはLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)呼ばれ、女性の閉経のように大きく変化
するわけではなく低下のスピードには個人差があり、また低下に対する心身の反応性にも差があるので、
女性よりも、より若年から高齢までの広い範囲で心身各所に症状が現れる。

症状

精神的な症状・・・・・抑うつなど
身体的症状・・・・・・発汗、ほてりや筋肉痛など
性機能に関連した症状・性欲低下や勃起障害など

原因

加齢によるテストステロンの低下
仕事や家族に関するストレスなどの心理的・社会的要因
など複雑に絡み合っている。

治療法

状態に応じて、低下したテストステロンの補充療法、漢方療法、専門医による抗うつ薬投与、
心理療法が行われ、人によっては生活習慣の見直しをすることで症状の改善が見られることもある。

女性の更年期障害のように認知度が高くないため、自身でも体調に違和感を感じながら
生活をしている方も少なくないだろう。

上記のような症状を自覚した場合は、医師に更年期障害の治療方針について良く相談の上、
治療することをお勧めする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 産業医を変更したときの届出

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る