11月は「労働時間適正化キャンペーン」期間です。

さっそくですがみなさん!ご存知でしたか?
11月は「労働時間適正化キャンペーン」期間なんですよ!

今回は解説を交えながら、ご紹介させていただきます。

労働時間適正化キャンペーン

1 概要
厚生労働省では、長時間労働や、これに伴う問題の解消を図るため、11月を「労働時間適正化キャンペーン」期間とし、使用者団体・労働組合への協力要請、リーフレットの配布などによる周知啓発などの取組を集中的に実施します。

2 実施期間
平成24年11月1日(木)から11月30日(金)までの1か月間

3 重点的に取組みを行う事項
(1)時間外労働協定の適正化などによる時間外・休日労働の削減
・時間外労働協定(36協定)は、時間外労働の延長の限度等に関する基準に適合したものとすること
・特別条項付き36協定等により、月45時間を超える時間外労働を行わせることが可能な場合でも、
実際の時間外労働については月45時間以下とするよう努める事 など

36協定とは??

⇒ 原則的には、社員の方の労働時間は、1日8時間、1週間に40時間までとなっています。(法定労働時間は業種その他によって異なる場合があります。個別にご確認下さい。)
この法定労働時間を超え、さらに労働(残業)してもらう時、法定休日に労働してもらう時は、
従業員の過半数代表者又は労働組合の同意を得て、その内容を「時間外労働・休日労働に関する協定」【通称36協定】を締結し、労働基準監督署に提出しなければなりません。
つまり、残業をしてもらう為には36協定が必須となる訳です。
今回のキャンペーンは、36協定を提出してるのだから、残業してもよい・残業しなさいとはならないようにしましょうね!ということです。
(2)長時間労働者への医師による面談指導など、労働者の健康管理に係る措置の徹底
・産業医の選任や衛生委員会の設置など健康管理に関する体制を整備し、また、健康診断等
を確実に実施すること
・長時間にわたる時間外・休日労働を行った労働者に対し、医師による面談指導等を実施す
ることなど

≪解説≫
このブログでも度々出ている話題ですね。
企業として、しっかりと労働者の健康管理をしていきましょう。
大事なところは、“医師による面談指導等を実施すること”としています。
医師=産業医となるでしょうから、産業医をしっかりと活用していくことを推奨しています。
(産業医の名義貸しは、撲滅したいと思っています!)
(3)労働時間の適正な把握の徹底
・賃金不払残業を起こさないように、労働時間適正把握基準を遵守することなど

≪解説≫
賃金不払残業=サービス残業です。労働時間適正把握基準では、事業者が労働者の労働時間についてどのように管理すべきかを明記していますので、必ず目を通してください。
4 主な実施事項
(1)使用者団体や労働組合に対する協力要請
使用者団体や労働組合に対し、労働時間の適正化に関する積極的な周知・啓発等の実施に
ついて協力要請を行います。

(2)職場の労働時間に関する情報提供の受付
職場の労働時間に関する情報を、下記URLに設置する「労働時間等情報受付メール窓口」
で重点的に受け付けます。
期間:11月1日(木)から11月30日(金)
URL : http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/mail_madoguchi.html

リーフレット おもて
o0545077112294744963

リーフレット うら

o0545077212294744962

≪コメント≫
長時間にわたる時間外労働や休日労働などが原因で、体調を崩したり、メンタル不調に陥ってしまうという事例が数多く報告されている中、このようなキャンペーンはとても重要なことだと思います。
いま一度、労働時間が適正かどうか?を各企業で見直してみてください。長時間残業・過重労働者が目立つ企業様は、おそらくメンタル不調が原因で休職者や通院者がいらっしゃるのでは?と思います。
使用者・労働者(労働組合)・産業医の三位一体で、労働時間の適正化に向けて、動きだしてはいかがでしょうか?そして、労働者の健康を維持できる環境造りを目指してください。

リンク一覧(厚生労働省)
◆労働時間適正化キャンペーン特設ページ
◆リーフレット
◆(参考)平成24年度労働時間適正化キャンペーン実施要綱
◆(※1)過重労働による健康障害防止のための総合対策
◆(※2)賃金不払残業総合対策要綱
◆(※3)賃金不払残業の解消を図るために講ずべき措置等に関する指針
◆(※4)労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

藤原 実株式会社ドクタートラスト 大阪支店

投稿者プロフィール

ドクタートラストに入社後、早7年。業種規模問わず、さまざまな企業に訪問させていただいております。それらを踏まえ、アドバイスをさせていただきます! 産業保健についてより身近に感じていただけるよう、肩の力を抜いて情報をお届けします!
【保有資格】健康経営アドバイザー
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 衛生委員会等のオンライン開催についての通達が示されました

    【動画あり】もっと深く知りたい方必見!衛生委員会等のオンライン開催について詳しく説明します

  2. 会社内でのトラブル増加!?コロナハラスメントとは

    【動画あり】会社内でのトラブル増加!コロナハラスメントとは

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る