【暑熱順化】~夏仕様のからだづくり~

だんだんと、夏日と言われる日も多くなり、梅雨夏へと季節が変化していく。
梅雨明けまでの間に、暑さへの体の準備をしていくことで、熱中症予防にもなることをご存知だろうか?

暑熱順化とは

暑熱順化とは、暑さに体が適応した状態のこと、夏の暑さに耐えられる体になること。
順化により体が変わるのは、汗のかき方だ。

<順化している体>
・汗腺の働きが良くなる。
・皮膚の血流量が増加しやすくなる(血液循環が良くなる)。
・汗の中に流れ出てしまうナトリウムの量が減る。
・体温が上がりにくくなる。
・多量に汗をかいても、水分補給ですぐに体液のバランスが回復する。

この状態になると、熱中症になりにくい体になっている。

順化の方法

暑熱順化のポイントは、「自力で汗をかくこと」だ。

・シャワーだけで済ませず、半身浴やサウナで汗をかく。
・軽いウォーキングなどの運動で汗をかく。
・自転車をこいで汗をかく。

じっとして汗をかくだけでも順化には良いとされていますが、軽い運動を組み合わせるさらに効果的である。
また運動の強度は高いほど順化する速度は早くなる。

ただ、続けることが大切で、途中、順化の途中で中断してしまうと、効果が薄れてしまうこともある。

急激な気温の変化にさらされると、やはり体はびっくりしてしまうもの。
少しずつ慣らしていくことや、続けることが大切なことは、どんなことにも共通しているのかもしれない。
暑さ対策、熱中症予防として、体を鍛えてみてはどうだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】改正育児・介護休業法の概要と背景を専門家が解説!

  2. 【動画あり】「コロナかも」従業員が激増!会社はどう対応する?~コロナが疑われる従業員、休ませた場合の手当は会社が支払うべき?~

  3. 【動画あり】2022年6月施行「改正公益通報者保護法」を専門家がわかりやすく解説!退職者や役員も保護対象になる⁉

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る