ノロウイルスの検査は有効?一般的にはあまり意義がないように思われる大きな理由

ノロウイルス迅速検査

全国的に感染性胃腸炎が流行しています。
感染性胃腸炎は主にウイルス性胃腸炎と細菌性胃腸炎に分類され、この時期特に流行するのはノロウイルスを初めとするウイルス性胃腸炎です。
TVや新聞などでノロウイルスのニュースが流れるためか、「ノロウイルスかどうか調べられますか?」と質問を受けることがしばしばあります。
学校や会社に尋ねられる方もいるようです。
今回は、ノロウイルスの迅速検査が有効かどうか考えてみます。

働く世代は保険適用外

ノロウイルスかどうかを簡易的に調べる迅速キットが存在しており、15分程度で判定が出ます(検査の精度は100%ではありません)。
ただ、検査を行うに際しては便を使用するため、嘔吐のみで下痢がない場合や、病院で便の採取ができない場合は検査ができないという欠点があります。
また、検査には健康保険の適用条件があり、その適用対象は以下の通りです。

・ 3歳未満
・ 65歳以上
・ 悪性腫瘍と診断されている場合
・ 臓器移植後である場合

つまり働く世代は基本的に保険適用外となるのです。
一部の医療機関では自費での検査も可能ですが、逆に考えてみると乳幼児や高齢者、免疫低下や免疫不全の場合以外は検査を行う必要性がないとも解釈できます。

ノロウイルスを治す薬はない

たとえばインフルエンザには「抗インフルエンザ薬」があるため、早期に診断して治療することが有効でです。
今は1回吸入して終了するタイプの薬が主流で、投薬後解熱するまでは、比較的短時間のことが多くなりました。
一方ノロウイルスに関してはノロウイルスそのものを治す薬は存在せず、吐き気止め・整腸剤や脱水時の点滴など、それぞれの症状に対して治療を行う「対症療法」が主流です。
そのため、ノロウイルスの検査を行って「ノロウイルス感染」ということはわかっても治療内容は変わらないのです。

治療や注意事項は同じ

ノロウイルスでも他のウイルスが原因であっても、胃腸炎の時は脱水に注意して、極力他の人との接触を避けることが大切です。
ノロウイルスだから気をつけないといけない・ノロウイルスじゃないから大丈夫ということではなく、症状がおさまるまでは自宅で安静にし、こまめに手洗いをして家族と同じ食器や箸を使わない、お風呂は家族の中で最後に入るなどの注意が必要です。
介護士・看護師・医師、食品に関わる仕事、乳幼児に関わる仕事などでは、集団感染や感染拡大防止の観点から有効なケース・診断が必要となるケースも考えられますが、一般的な働く世代の方にとって「どうしてもノロウイルスかどうか知りたい!」という以外に臨床的な意義を感じないのが率直な意見です。
筆者の結論としては、検査をしてもしなくても同じように治るのであればどうしても必要な時以外は検査は実施せず、対症療法と安静で治癒を待つのが一番であると考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
田中 祥子

田中 祥子株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業の健康管理室で働いていた経験をさまざまなかたちで皆さまにお届けします。
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

解説動画つき記事

  1. 【動画あり】在宅勤務で新たなハラスメント「リモハラ」「テレハラ」が発生

  2. 重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

    【動画あり】重症と軽症の違いはなに?〜新型コロナウイルス~

  3. 【動画あり】しんどさを感じている皆さんへ!アフターコロナ時代のメンタルヘルス

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る